お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

0個のツッコミがあるで。
1: 2017/08/21(月) 10:07:19.32 ID:CAP_USER9
 不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、日本テレビ系大型特番『24時間テレビ40 告白 ~勇気を出して伝えよう~』(8月26~27日放送)のチャリティーマラソンランナー候補者として練習を開始したようだ。
20日に放送された同局系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~)で練習している様子が伝えられた。

当日発表されることになった今年のランナー。ヒントは「当日武道館にいる人」「走る理由がある人」で、本人にも当日まで明かされないという。

今回の『行列のできる法律相談所』では、羽鳥慎一アナウンサーや東野幸治、アンジャッシュの渡部建らが候補者としての意気込みなどを告白。宮迫も「僕も思うところがありまして絶対走ります」と宣言した。

なお、スタジオ収録が行われたのは8月6日で、宮迫が不倫疑惑を報じられる前だったが、番組の最後に候補者たちの練習風景が紹介された場面では、「ついにこの男も!」と報道後と思われる宮迫の練習姿も。宮迫は「走らないといけない理由ができたんで」と語っていた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13498328/

芸人速報


この記事の続きを読む

2個のツッコミがあるで。
1: 2017/08/20(日) 15:51:52.01 ID:CAP_USER9
19日深夜放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、オードリーの若林正恭が、バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の終了を聞いた際の空気を明かした。

同番組は2014年10月に放送開始しており、半年後の2015年4月には、ゴールデン帯に進出していた。しかし、今年10月期の改編で終了することが明らかとなっている。

若林は最初から「しくじり先生」にレギュラー出演しており、この日の番組で、終了を知ったときのことを振り返った。

あるとき、総合演出の担当者がやってきて、「今回の改変で終わることになりまして。我々も力不足ですみませんでした」と頭を下げてきたとか。若林の方も自身の無力を詫びたという。そのときの場の雰囲気について、若林は「なかなかすごい空気なんですよ」「嫌な空気でもないんだけど、なんかシリアスなのよ」と表現していた。

同番組は特番で続く、とのことだが、若林は過去の類似例を持ち出して、まずやることはないだろうと推測していた。

2017年8月20日 14時10分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13496518/


この記事の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 2017/08/20(日) 19:47:58.61 ID:CAP_USER9
かつてはテレビで人気を博しながらも、いつの間にか姿を消してしまったお笑い芸人は数多い。
仕事もなく地味な生活を送っているのかと思いきや、調べてみると意外な方法でバリバリと稼いでいた!

まず初めに紹介するのが、カラテカの矢部太郎(40)。
全国放送のテレビ番組では姿を見る機会もめっきり減ったが、6月15日放送のバラエティ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)で本人が語ったところによると、ローカル番組『ウッティタウン6丁目』(テレビ山梨)にレギュラー出演するなどして、直近3か月では「65万円、47万円、45万円」ほど稼いでいるという。

矢部は東京都東村山市出身で山梨県とは縁もゆかりもなかったが、元マネージャーのコネクションで『ウッティタウン』への出演が決定。
山梨県から県の魅力をPRする“やまなし大使”に任命されるなど、地域限定ながらかつての人気をしのぐ活躍をみせているそうだ。

テレビから姿を消していたといえば、「ドドスコスコスコ、ラブ注入!」のフレーズでブレイクした楽しんご(38)も忘れてはならない。
2013年に起こした付き人への暴行事件をきっかけに芸能界から遠ざかっていたが、6月16日放送の『金曜プレミアム・キテレツ人生!』(フジテレビ系)に登場。

目黒の超一等地にある3LDKの自宅で自らマッサージを行いながら、国内に7店舗の整体マッサージ店を経営していることを明かし、視聴者を驚かせた。
楽しんごのマッサージは15分の骨盤矯正が1万800円、手料理などがついた90分コースが5万4000円という強気の価格設定ながら、客足は絶えることがないという。
月収は「高級車1台分ぐらい」にも上るといい、ビジネスの世界でも成功を収めつつあるようだ。

2010年に「冷やし中華はじめました」の歌ネタでブレイクした弾き語り芸人のAMEMIYA(38)も、テレビでしばらく見かけなくなっていた一人。
6月1日放送の『じっくり聞いタロウ』に出演したAMEMIYAによると、バラエティ番組に引っ張りだこだった当時の最高月収はCDの印税を含めて900万円にも上ったが、2016年にはテレビ出演がわずか数本にまで激減したという。

現在は開店休業状態かと思いきや「〇〇はじめました~」のフレーズが重宝され、3社のCMに出演しているほか、営業でも大活躍。
企業パーティでは、企業ごとの細かいあるあるネタを織り込んだ歌を披露したり、結婚披露宴で“冷やし中華”を“熱い夫婦”にした替え歌を熱唱するネタなどが人気となり、直近の月収は260万円というから驚きだ。

人を楽しませ、癒すことが本分のお笑い芸人たち。
全国放送のテレビ番組では見なくなって久しいが、今でも多くの人たちを楽しませているようだ。

https://taishu.jp/detail/29088/


この記事の続きを読む



Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報