お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    1: 芸人速報 2017/11/13(月) 20:30:18.65 ID:CAP_USER9
    NHKは13日夕、大みそかに放送する「第68回NHK紅白歌合戦」の総合司会にお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(53)、
    紅組の司会に大ヒットした今年上半期のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に主演した女優・有村架純(24)、白組の司会に人気グループ「嵐」の二宮和也(34)が決まったことを電撃発表した。

    内村の紅白司会は初。第49回にポケットビスケッツのメンバーとして出場している。NHKでは2012年スタートのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」で座長を務め、人気番組に育て上げた。
    有村は昨年も紅組司会を務めており、2年連続2回目となる。
    二宮は嵐として第61~65回に白組司会を務めており、昨年の第67回で白組司会を務めた嵐の相葉雅紀(34)からバトンを受けた形だ。

    NHK制作局エンターテインメント番組部の井上啓輔部長は「『NHK紅白歌合戦』は、去年から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回紅白歌合戦』までの4年間、
    『夢を歌おう』をテーマに掲げ、様々な世代の方々の夢を『歌の力』で応援していきます」と前置きした上で、それぞれの起用理由を次の通り説明している。

    【内村】「『LIFE!』でこれまでになかった新しい風をNHKに吹き込んでくれました。
    さまざまな番組での司会経験を存分に発揮していただき、今年の紅白全体を盛り上げていただきたいと考えています」

    【有村】「『ひよっこ』のヒロイン・谷田部みね子として、日本中に笑顔と夢を届けてくださいました。
    きっと紅組を力強く引っ張っていただけるものと考えています」

    【二宮】「嵐として、そして俳優としての実績はもちろんのこと、バラエティー番組等の司会でも人気を集めています。
    持ち前の明るく親しみやすいキャラクターで、白組を盛り上げていただきたいと考えています」

    http://news.livedoor.com/article/detail/13885201/
    2017年11月13日 18時19分 デイリースポーツ


    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/11/12(日) 17:38:04.79 ID:CAP_USER9
    12日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)で、サンドウィッチマン・伊達みきおの喫煙習慣に、医師の吉田たかよし氏が警告した。

    今年4月放送のバラエティ番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、伊達は「血圧測ったら200超えてた」「上が211で、下が145だった」と、自身の高血圧ぶりを告白。さらに医師から「今、死んでもおかしくない」と警告されたことを紹介していた。

    番組では、吉田氏がこの高血圧の話題を持ち出し、「それ、もう悪性高血圧という基準(値を)満たしてるんですよ!」「大変危険!」と再度警告した。伊達はそこで、降圧剤を飲むようになった結果、血圧が現在160にまで下がった現状を説明する。

    だが、伊達が現在も喫煙を続けていることを知ると、吉田氏は「えっとね、それはもう論外!」「ダメです!ダメです!」と言い放ったのだ。MCの上沼恵美子も「だったら、もう(奥さんのために)早めに死んであげるか!?」と痛烈なコメントを飛ばし、スタジオの笑いを誘っていた。


    2017年11月12日 13時32分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13880429/


    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/11/12(日) 16:11:07.83 ID:CAP_USER9
     池井戸潤氏原作による役所広司(61)の主演ドラマ『陸王』(TBS系)。阿川佐和子(64)や小籔千豊(44)といったドラマ出演の珍しいタレントを起用して話題を集めている中、11月5日放送の第3話には、お笑い芸人の鳥居みゆき(36)が登場。ふだんのキャラクターを封印した高校教師役に挑戦し、「演技が自然すぎて驚いた」と評判を集めたようだ。

     同ドラマは、老舗の足袋製造会社“こはぜ屋”が社の存続をかけてランニングシューズ“陸王”を開発するという物語。鳥居は、体育の授業で生徒に足袋を履かせたいと、こはぜ屋に相談する高校教師の栗山を演じた。栗山は足袋を選ぶために宮沢社長(役所広司)に電話し、宮沢は栗山のいる学校へ。栗山はこはぜ屋の足袋を手にして、「さすがは老舗の足袋屋さんですね。丈夫で機能的で、すばらしいです」と絶賛した。その後栗山は、足袋の採用は見送りとなったが、代わりに“陸王”を授業で生徒に履かせたいと、大量発注を申し出た。

     ドラマの舞台となっているのは、埼玉県行田市。鳥居は実は秋田県生まれの行田市育ち。2017年5月からは市の観光大使にまで任命されている。今回撮影が行われた高校も、鳥居がかつて通っていた母校。鳥居はドラマ出演にあたって、「私がずっと通っていた母校に、こういったかたちで戻ってくるとは思いませんでした。びっくりしましたが、うれしいです」とマスコミに向けて喜びを語っている。

     ドラマではなじみのない鳥居の演技だったが、これが視聴者の間で大評判。「鳥居みゆきさん、なんてナチュラルな演技」「違和感なかったし、女教師がすごく似合ってた」と、鳥居の意外な才能に驚きの声が続出。「エンドロール見るまで全然気づかなかった」「どこかで見たことある気がしたけど、鳥居みゆきだったんだ!」と、自然な演技で鳥居だと気づかなかったという人までいたようだ。

    「ドラマは視聴率も絶好調で、鳥居の出演した第3話は15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高を記録しました。このドラマはこれまで池井戸潤氏の大ヒットドラマを手がけてきたチームが再集結した作品。『半沢直樹』や『下町ロケット』でも珍しい出演者が話題を呼びましたが、『陸王』でもそのあたり、まだまだ楽しませてくれそうです」(テレビ誌ライター)

     次はどんなキャラクターが活躍するか、今後の展開にも期待したい。


    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_30270/



    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/11/12(日) 23:06:56.69 ID:CAP_USER9
    BSフジで放送中のバラエティ番組『東北魂TV』(毎週日曜23:00~)に出演中の鳥居みゆきとトミドコロが、
    10月1日に宮城県で開催された「東北・みやぎ復興マラソン2017」でフルマラソンに初挑戦。
    11月12日、19日の2週連続で、その模様が紹介される。

    同大会は、東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県名取市・岩沼市・亘理町を舞台に開催された震災後県内では初となる公認フルマラソン大会。
    国内外から集まったおよそ1万5千人のランナーが参加した。

    今回番組では、鳥居とトミドコロの練習から本番までを半年間にわたり密着。
    トミドコロは、完走できなかったら番組をクビにされるというプレッシャーの中、42.195kmに挑み、運動経験がまったくないという鳥居は、シューズやランニングウェアを買うところからスタート。
    練習初日、鳥居は、歩き方をコーチに教わるだけで終えるという不安な立ち上がりを見せる。
    その後のトレーニングでも、中々調子を掴むことはできず、鳥居の抱える大きな問題が明らかに。
    しかし、ある時から「本当にやらなきゃいけない理由がある」と気合いを入れ始める。

    そして迎えた本番当日。トミドコロが鳥居をサポートしながら走り続け、足が痛み、心が折れそうになっても、沿道に駆けつけた地元の方々の声援を味方にして、5時間35分で見事完走。
    ゴール地点で2人の到着を待っていたサンドウィッチマンとマギー審司の前で、鳥居は大号泣するのだった。

    翌週19日は、サンドウィッチマン、マギー審司、狩野英孝らによる爆笑慰労会の模様を放送。
    露天風呂や仙台名物「セリ鍋」を楽しみ、鳥居の号泣の理由が明かされる。さらに、早くも発表される来年のランナーにも注目だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13879214/
    2017年11月12日 7時0分 テレビドガッチ




    この記事の続きを読む