アクセスランキング

お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人やギャグ漫画、笑えるニュースなど笑いに関するネタを中心にまとめているブログです。

0個のツッコミがあるで。

no title

1: 芸人速報 2018/11/13(火) 11:11:43.92 ID:CM8QVKmZ0




この記事の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/13(火) 11:21:27.47 ID:CAP_USER9
https://mdpr.jp/photo/detail/6650202
2018.11.13 05:00

12月10日に決勝戦が生放送される「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系/20:00~22:54)のファイナリスト10組が決定した。

女芸人のなかから1番面白い“笑いの女王”を決定する同コンテストは、昨年に引き続き、今年は第2回。プロでもアマでも女性であればエントリー可能となり、会社・芸歴は問わず、即席のユニットでもOKとなる。

準決勝を勝ち抜いて決勝戦に進出したのは、紺野ぶるま、合わせみそ(ブラットピーク河田祥子、おとぎばなし吉田治加)、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀) 、ガンバレルーヤ(よしこ、まひる)、横澤夏子、吉住、あぁ~しらき、阿佐ヶ谷姉妹(渡辺江里子、木村美穂)、根菜キャバレー(天野舞、Kittan)、ゆりやんレトリィバァの10組。

ガンバレルーヤのよしこは、「決勝進出できてすごく嬉しいです。私たちは巷で顔だけと思われがちなので、しっかりネタもできるのだということをみなさんに知って頂きたいです」と、笑いを誘いつつ意気込みを言葉に。まひるは「絶対優勝するぞ!」と拳を握っていた。

昨年、優勝したゆりやんレトリィバァは、今年もファイナルに進出。「本当に緊張しています」といい、「『なんで、せっかく勝ったのにまた受けるんや』とか周りの人から言われることもあったのですが」と明かす一幕も。「絶対、今回も勝ちたいと思っています。もう1回勝って、世の中を変えたいって思います」と闘志を燃やした。「とにかく、複雑な意気込みにはなってしまうのですが」と前置きしたうえで、「絶対、優勝します!」と簡潔にコメントしていた。

また、優勝者には、既に発表されている賞金1000万円に加えて、副賞として、日本テレビの全レギュラー番組の中から好きな番組を選び合計視聴率100%分出演できる権利「日テレ100%権」と、自身がメインとなる冠番組を日本テレビで持つことができる権利が与えられることが発表された。(modelpress編集部)




(後列左から)ゆりやんレトリィバァ、根菜キャバレー(天野舞、Kittan)、阿佐ヶ谷姉妹(渡辺江里子、木村美穂)、横澤夏子、あぁ~しらき(前列左から)吉住、ガンバレルーヤ(まひる、よしこ)、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)、合わせみそ(河田祥子、吉田治加)、紺野ぶるま




この記事の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
no title


1: 芸人速報 2018/11/12(月) 01:47:40.07 ID:U15CAJg10




この記事の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/13(火) 11:48:17.24 ID:cuwDWzwP0









この記事の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/07(水) 17:45:30.61 ID:CAP_USER9
年末の恒例となっている「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)特番「笑ってはいけないシリーズ」の撮影が始まったようだ。

「ツイッター上に、一般ユーザーが収録に使ったと思しきバスの画像をアップしました。そこには『ヘイポー財団法人 お豆考古学研究所』と書かれています。
ヘイポーとは、番組にもよく出演するスタッフの斉藤敏豪さんのニックネームで、彼の似顔絵を模したロゴも写っていました」(テレビ誌ライター)

バスといえば番組冒頭の移動に使われ、バス停ごとに著名人が乗り込み、手の混んだ扮装や掛け合いで、ダウンタウン、ココリコ、月亭方正を笑わせにかかるというパターンになっている。

「これまでも、11月上旬にバスの目撃情報が上がり、ネットをにぎわせることも恒例となっていて、今年は千葉県内での撮影だったことがうかがえます。
また、この情報が発信されたと同じタイミングで、この情報に呼応するように、元貴乃花親方の花田光司氏を見たという真偽不明の目撃情報がよせられています。
もちろん両者を直接関連付けるには証拠が乏しいですが、『笑ってはいけない』の年末特番と言えば、2014年には、ゴーストライター騒動のピアニスト・新垣隆氏が出演したり、
08年には、おやじ狩り被害にあった大和田伸也がバス内で再現するといったネタもあったので、バスに乗ってきただけで笑ってしまいそうな元貴乃花親方の投入も、さもありなん、という気がします」(前出・テレビ誌ライター)

斎藤工にサンシャイン池崎の完全コピーをさせたり、西岡徳馬によしもと新喜劇のネタをやらせたりと、ダウンタウンというビッグネームが“不可能を可能にする”番組だけに、今年も何が起きるのか、期待が高まる。

http://news.livedoor.com/article/detail/15560885/
2018年11月7日 17時0分 アサ芸プラス




この記事の続きを読む



Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報