お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    1: 芸人速報 2017/09/11(月) 22:01:49.94 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・はんにゃの川島章良(35歳)と金田哲(31歳)が、9月8日に放送されたバラエティ番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)に出演。
    “芸能界から干された”現在の状況を語った。

    番組ではこの日、ホストのキングコング・西野亮廣より「最近、仕事はどう?」と聞かれると、川島は「低迷しきっているコンビです…」と即答。

    現在の仕事について、金田は「僕らは正直、テレビはもちろんレギュラーも全部終わりました…」と答え、
    「絶頂期にはレギュラーは全部入れたら9本、10本、CMとかも10本くらいで、最後の子供番組が2年位前に終わってからは、自分たちのレギュラーっていうのは無くなった」と現在の状況に関して赤裸々に語った。

    そして、番組のメイン企画である“エゴサーチ”をすることに。ネットで「はんにゃ」と検索すると、「はんにゃ・金田が干された理由」というタイトルの記事がヒットした。
    記事の中で「金田は干された」とされており、それは“遅刻癖”原因だという。

    この“遅刻癖”について、相方の川島は「(金田は)芸人界で1位2位を争う遅刻魔です」と暴露。
    それに対して金田は「ただの言い訳なんですけど…」と前置きし、「たくさんお仕事させていだき、3日間寝てないこともありました。その状態で、僕はお酒が好きなのでお酒を飲みます。すると舞台に遅刻します」と、頻繁に遅刻をしていた経緯を説明した。

    舞台への遅刻をくり返した金田は、今でも関西圏の劇場はすべて出禁になっていると明かすと、西野も「俺も、なんばグランド花月って大きい劇場あるけど、3回くらい出禁になっている」と同様の経験があることを告白。
    続けて「1日30分も寝れない生活していて気絶したの。酔ってとかじゃなくて、過労で気絶して舞台すっぽかした」と、出禁になった理由を明かすと、金田は頷きながら共感した。

    しかし西野が「あなたは酒飲んででしょ」とツッコミ、川島も「忙しくなくなった時も(金田は)遅刻しています。西野さんとはレベルが違います」と話し、最終的に金田さんは、“遅刻癖が原因で干された説”は、「合っています」と認めていた。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0911/nrn_170911_1667624802.html

    『エゴサーチTV』 はんにゃ



    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/09/11(月) 19:12:36.48 ID:CAP_USER9
    世の中のいろいろな“説”を検証する企画が人気の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)。
    だが、9月6日に放送された検証内容があまりに酷すぎると、視聴者から批判の声があがっているという。
    テレビ誌のライターが語る。

    「ヤリ玉に挙げられているのは、『自分の私物を他人が身につけていても気づかない説』を検証するいう、芸人の私物をイジりまくるコーナー。
    ダイノジの大地洋輔が実験台になった時は、まず、ニセの取材で喫茶店に呼び出されたんですが、ここで仕掛け人たちは大地の私物Tシャツを着用して大地に接する。
    さらに極めつけは、大地が大切にしているスニーカーのコレクションを無断で持ち出し、
    客を装った仕掛け人たちがそれを履いて登場した場面。これには大地も頭を抱え『犯罪スレスレだよ!?』と声を荒げていましたね」

    スニーカーのコレクターにとって、超レアもののスニーカーは履いただけで価値が下がることは常識。しかも今回は勝手に外を歩き回られたわけで、靴底に土などの汚れがついたことは間違いない。
    いくらドッキリとはいえ、他人の私物を毀損する行為はもはや器物損壊罪に問われてもおかしくないレベルだ。

    「続いて登場したバイきんぐの小峠英二は、1年前に200万円で購入したバイク『トライアンフ』が粗大ごみといっしょに捨てられていました。
    傷がつかないように配慮されていたとは思いますが、このバイクは小峠が高校生の頃から憧れていて、やっと手に入れたという憧れの一台。
    それをバラエティの小道具のように扱った番組に対しては、バイク好きからも非難の声が集まっています」(前出・テレビ誌ライター)

    芸人たちはイジられ倒すのが仕事かもしれないが、彼らが所有するアイテムにまで芸人と同じような雑なイジリ方をするのは、それらのアイテムを愛する人たちに対して失礼なのは明らか。
    このような演出を続けていたら、いずれは視聴者にそっぽを向かれるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353910/
    2017.09.11 17:58 アサ芸プラス


    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/09/11(月) 20:31:09.87 ID:CAP_USER9
    一部で「冬の賞与がゼロになるのでは」と報じられるなど、深刻な低迷がささやかれるフジテレビ。6月に就任した“最強のコストカッター”と名高い宮内正喜新社長(73)の下、“非常事態宣言”を出し、現在、大改革に乗り出しているが、そんなフジの看板番組に関する、驚きの情報が入ってきた。

    「ナインティナインがメインを張る、毎週土曜日20時帯のフジの看板バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(以下、『めちゃイケ』)が、来年3月、22年目の春に終了することが、正式に決まったそうです。これまで、改編のたびに何度も“打ち切り候補”として検討されてきましたが、ついに今回は逃れられなかった……。来春の終了は、変更されることはない決定事項だといいます」(放送作家)

    『笑っていいとも!』(2014年3月31日最終回)、『SMAP×SMAP』(2016年12月26日最終回)といったフジを代表する長寿番組が近年、次々と終了を余儀なくされる中、しぶとく生き延びてきた『めちゃイケ』。

    “視聴率の低迷”が大きな原因に

    「今年から番組開始以来初の2本撮りをするなど経費削減に努めてきた」(フジ関係者)というが、その努力も打ち切りを回避するまでには至らなかったようだ。来春の終了が決定した大きな理由は1つ、視聴率の深刻な低迷ぶりだ。

    「全盛期は、20%超えが普通で、2004年秋のスペシャルでは、33.2%という驚異的な数字を叩き出したモンスター番組『めちゃイケ』も、ここ数年は一桁台がザラ。そして、フジ上層部が注視する中で、8月5日の2時間SPでの“4.5%”という壊滅的な数字が“打ち切り”の決定打となったようです」(前出の放送作家)

     さらに、致命的なのが、「制作費が『めちゃイケ』の20分の1以下ともいわれる同時間の裏番組、テレビ東京の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(以下、『出川充電』)に完敗を喫している」(前同)ということ。そこで、最近の直接対決の視聴率を調べたところ、

    〈8月5日、『めちゃイケ』2HSP4.5%、『出川充電』5.1%〉、〈8月19日、『めちゃイケ』5.5%、『出川哲朗&さまぁ~ず三村 ポンコツおじさん旅に出る』5.7%〉、〈9月2日、『めちゃイケ』5.4%、『出川充電』8.6%〉と、一部、出川&三村SPは入るものの、見事に『出川充電』に全敗をしていた。これでは、最強のコストカッターでなくても、打ち切りはやむなしだろう。

    全盛期は人気企画を次々に生み出したが…

    「『単位上等!爆走数取団』、『中居&ナイナイ日本一周の旅』、岡村隆史がEXILEのライブなどに乱入した『岡村オファーがきましたシリーズ』などなど、神企画の数々を生んできた『めちゃイケ』ですが、ついにその役割を終えたということでしょうね」(同)

     フジテレビの大変革の流れの中での、『めちゃイケ』の打ち切り決定情報。世の流れといはいえ、寂しい限りだ。

    2017年09月11日 16時50分 公開
    https://taishu.jp/detail/29438

    2017/09/11(月) 19:23:20.94
    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505125400/


    この記事の続きを読む