お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    1: 芸人速報 2017/09/09(土) 00:51:52.92 0
    ひでえwwwwwwwwwwwwwwww











    no title




    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=5oAlpEYw3qw


    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/09/05(火) 10:58:50.68 ID:CAP_USER9
    落語家の柳家花緑(46)が5日、フジテレビ系「ノンストップ!」のインタビューに応じ、自身が発達障害と診断されたことなどを赤裸々に語った。
    花緑は自著「花緑の幸せ入門 笑う門には福来たるのか」の中でも、発達障害について触れている。

    花緑が発達障害であることに気付いたのはわずか4年前。
    テレビ出演した際に、現在でこそネタが150ある真打ちだが、小中学生の頃は主要5教科の成績が1か2ばかりだったと告白。
    すると視聴者から「特徴がうちの息子と同じ、発達障害、学習障害ですね」というメールが届き「そこで初めてそうなのかなと思った」と振り返った。

    更に、美術や音楽の成績は良かったこと、授業中もおしゃべりが止まらない「多弁症」であることや、
    授業中に動き回る「多動症」もあったことから、改めて医師の診察を受け「発達障害」と診断されたという。

    花緑は「知れて良かった。知れたことによって。自分の中にある劣等感というか、
    自分は劣っている、遅れているという気持ちが無くなったので」と、きちんと診断されたことは「良かった」とコメント。
    また周囲にも自身が発達障害であることを伝えているという。
    「言われた方がどう受け止めたらいいか分からない、戸惑う方も多いんですけど、『そういうことなので、ちょっと(台本に)ルビ振って下さいとか」と、
    自身の不得意な部分を助けてもらえるように伝えることで、生活も楽になったようだ。

    「障害があるっていうことにデメリットがあるかも知れないけど、反面、いいことも色々ある。
    今落語家っていう商売やっていて、多弁症が生きている」ともコメント。
    「障害はデメリットではなく。その中のいい部分、突出した部分で落語家っていう商売をやれているんだなと思った時に有り難いと思った」とも振り返った。

    花緑は7、8分の落語も2、3回聞けば覚えてしまったといい「思い方を変えれば、悩みは悩みでなくなる。
    自分の思い方によって、レッテルはいい方向に貼れるんだ」と、欠点ばかりに目を向けるのではなく、突出した部分を生かせばいいと訴えていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13568931/
    2017年9月5日 10時26分 デイリースポーツ


    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/09/04(月) 23:32:07.46 ID:CAP_USER9
    8月30日放送の「本能Z」(CBCテレビ)で、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が、仕事の少ない現状を嘆いた。

    番組では品川庄司のふたりがゲストとして登場し、品川と相方の庄司智春が、最近のコンビ仲や家族ぐるみで交流するようになった近況について語った。

    その中で品川は、自身の妻はテレビをあまり見ていないのだと明かす。東野幸治が「じゃあ品川が、テレビでスゴい活躍しても、言わへんのや?」と妻が品川のテレビ出演に関して、話題にしないことを確認すると、品川は苦笑しながら「そんなに活躍していないキャラを引き出そうとしているんですか?」と自虐的に語った。

    東野はすかさず「いや、違う。考えすぎや」とフォローを入れるが、その後「今レギュラーでやってる番組とかで…」と品川をイジり出した。品川は「レギュラーねえわ! ふたつ目はもう悪意しか感じなかった」と、東野にツッコミを入れて笑いを誘うと、今度は今田耕司が「CMとか喜んでるんちゃう?」と被せてきたのだ。品川は「CM出てねえわ!」とツッコミを入れ、ふたりからは悪意しか感じないと訴える。

    そんな品川の訴えをよそに、東野が「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」(TBS系)で、品川が動物役で出演していた記憶があると指摘すると、品川は「やってねえわ! そんな華やかな番組いっこも出てねえ!」とツッコミ。さらに、その直後「日テレは1年行ってない」と明かしたのだ。

    ほかの出演者から笑いが起きる中、東野は日本テレビ・汐留スタジオのエレベーターは遅くて待たされるという話が分かるかを品川に尋ねた。品川は「あのあるあるネタ、全然笑えない」「みんな『エレベーターが来ねえな』ってキレてるんでしょ?」「オレらは『オファー来ねえな』って。怒りのレベルが違いすぎて」と自虐ネタで切り返していた。

    なお、日本テレビの汐留スタジオのエレベーターについては、別の番組でダウンタウンの浜田雅功が「全然来ない」「タレントが(日本テレビに)行きたがらない」と苦言を呈して改善要求をするも、担当部署からの返答で改善要求は却下されている。

    写真



    2017年9月4日 21時50分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/13567243/


    この記事の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/09/07(木) 10:21:57.76 ID:CAP_USER9
    お笑いタレントのビートたけし(70)が、自身初となる書き下ろしの恋愛小説『アナログ』(新潮社)を22日に出版することがわかった。
    きのう5日に東京・豊洲PITで行われた『ビートたけしほぼ単独ライブ4』で同書発売の告知と、たけしのコメントを掲載したチラシが配布された。

    6月初旬のイベントで、たけしは芥川賞を受賞した又吉直樹(ピース)に刺激を受けて小説を執筆中であることを告白。
    「書いているうちに、どうしても漫才の台本になっちゃう。笑わしにかかっちゃう。
    それをどうやってこらえるかが大変」との苦悩を明かしながらも「自分も小説もいっぱい書いてきたけど、なんの賞にも引っかからなくて頭にきた。
    真剣に書いてやる、直木賞とってみせる」と意気込んでいた。

    自身が手がけるシリーズプロジェクト「アウトレイジ」最新作が控える中での今回の出版。
    配布されたチラシの中で、「『たけしは男と女を描けない』なんて言われてきたけど、自分のすべてをかけて誰かを大切にするってどういうことなのか、この小説で書きたかったんだ」
    と恋愛小説に挑戦した意図を説明し、「人生で一度だけ、こんな恋がしたいと思った」と率直な思いを打ち明けている。

    ■『アナログ』のあらすじ

    「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」。
    すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。
    素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう2人の「アナログ」な関係が始まった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13576543/
    2017年9月6日 19時23分 オリコン


    この記事の続きを読む