お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人の情報を中心にまとめているブログです。

      

    芸人

    1: 2017/08/17(木) 05:21:07.82 ID:CAP_USER9
    二股不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)が出演していた保険会社
    「アフラック」のCM動画が公式サイトから削除されたことが16日、分かった。同社広報部は
    「一連の報道も含めて、総合的に判断して削除しました」と説明。15日夜に動画を削除したという。

     2012年に胃がんが発覚し摘出手術を受けた宮迫は、14年9月から16年6月まで、同社の「生きるためのがん保険 
    寄りそうDays」の「野菜ジュース篇」のCMに出演。テレビ放送は終了しているが、サイトの動画は閲覧できる状態だった。

     広報担当者は、顧客からの問い合わせ内容について「答えられない」としたが、
    宮迫のCM動画の復活やCM再起用については「予定はありません」と話した。

    報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000215-sph-ent


    【【不倫疑惑】アフラック、宮迫出演のCM動画削除について「一連の報道も含めて、総合的に判断」】の続きを読む


    げにそく

    1: 2017/08/17(木) 20:33:56.37 ID:CAP_USER9
    8月16日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、お笑い芸人のバカリズムの意外な素顔や驚きの過去が明らかとなった。

    この日の番組テーマは『バカリズムをよく知る人々』。親交のあるタレントの千秋や朝日奈央、後輩芸人やかつてのアルバイトの先輩が、バカリズムの普段の姿を証言した。

    後輩の芸人のおかゆ太郎が明かしたところによると、バカリズムは自分で光熱水費の支払いをせず、いつも誰かが代わりに払いに行くそう。
    さらにおかゆ太郎は、バカリズムが自宅の郵便受けのダイヤルの回し方が分からないことも暴露した。

    バカリズムは常々、所属芸能事務所のタレントと自身を比べ「自分は『ウッチャンナンチャン』や『ナイツ』などと同じ正統派。出川哲朗や
    狩野英孝ら“ポンコツ派”とは違う」と公言しているが、おかゆ太郎の明かしたようなエピソードがあると、ポンコツ派と思われても仕方がないかもしれない。

    また、高校の同級生からは「昔は不良だった」という過去も明かされ、「夏は暑いのでパンツ一丁で授業を受けていた」、「授業が面白くないと屋上で
    サボっていた」とのエピソードが続々と紹介された。

    「文化系」のイメージが壊れて視聴者は恐々

    バカリズムは、『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)で一躍脚光を浴びたあと、大喜利の腕を競う『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)で最多優勝を誇るなど、
    頭脳派芸人という印象が強い。さらに、2014年に放送された竹野内豊主演の連続ドラマ『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)で脚本家を務め、そのほかにも
    作家やナレーターなど多方面で活躍している。そのため、一般的には文化系で多才であるといったイメージを持たれている。

    しかし今回のエピソードにより、ツイッターでは、《闇が闇すぎてバカリズムが正直怖くなった》や、《なんかバカリズム嫌いになった》など、イメージが一変して
    幻滅したことを見せる視聴者も多かった。

    https://myjitsu.jp/archives/28811


    【バカリズムの「不良エピソード」に幻滅した人々】の続きを読む


    げにそく

    1: 2017/08/16(水) 00:59:38.79 ID:CAP_USER9
    8月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、人気お笑い芸人のブルゾンちえみが出演した。
    番組では地元岡山で行われるライブに番組が密着。高校時代の恩師と再会し「成績は常にトップクラスだった」と意外な一面が語られた。

    ブルゾンちえみは、高校卒業後、島根大学教育学部へ入学。
    一家が教員をしていたことから彼女も学校の先生を目指していたのだろう。
    だが3年次に中退し、岡山での劇団、大阪での音楽活動を経て上京する。
    現在の所属事務所であるワタナベエンターテイメントの養成所に入るが、ここでも当初は歌手志望だった。
    だが、スタッフのすすめにより、在学中にバラエティコースに移りデビューを果たす。

    女芸人の世界はいまや大卒は珍しくなく、高学歴の持ち主も多い。

    「ブルゾンにおなじくワタナベエンターテインメント所属であり、ヒラリー・クリントンのものまね芸で知られる、石井てる美はなんと東京大学卒です。
    大学院まで進み発展途上国のインフラ整備を専攻。芸人になる前はマッキンゼー・アンド・カンパニーで働いていたことも話題となりました。
    TOEIC990点(満点)、英語検定1級を取得し、英語を生かした芸も披露していますね」(放送作家)

    石井が芸人を志したきっかけは「人生は一度きり、好きなことをやろう」というから思い切りが良い。さらに、コンビそろって高学歴な女芸人もいる。

    「光浦靖子と大久保佳代子によるオアシズですね。光浦は、東京外国語大学のインドネシア語学科に8年通い卒業しています。
    相方の大久保佳代子も千葉大学卒業です
    。2人は小学校の同級生、そろって上京し早稲田大学のお笑いサークル、寄席演芸研究会に所属していました。
    当初は光浦だけが注目され、コンビは解散状態となりましたが、現在は大久保さんもブレイクしています。
    そのきっかけとなったのが『めちゃめちゃイケてるっ!!』(フジテレビ系)で、得意の中国語を活かし、
    台湾出身のマッサージ師・ホァンさんを演じたことですね。頭の良さを生かしたネタといえるでしょう」(前出・同)

    現在は芸人そのものの数が飽和状態にある。
    高学歴だけでなく、プラスαのアピール材料となるネタや、キャラクターが求められるといえるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1345050/
    2017.08.15 22:00 リアルライブ


    【成績トップのブルゾンちえみ、実は高学歴女芸人】の続きを読む