お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    M-1グランプリ

    1: 芸人速報 2017/12/14(木) 06:57:08.89 ID:CAP_USER9
    テレビ番組での発言がたびたび注目を集めている若手の社会学者・古市憲寿氏。12月10日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、漫才日本一を決める「M-1グランプリ」についてのコメントが波紋を広げている。今年はとろサーモンが優勝したM-1について、まず、「M-1が好きな一派っているじゃないですか」と否定的なニュアンスで切り出した古市氏。同大会の審査員を務める松本人志を前に「M-1が悪いんじゃなくて『M-1が好きな人』が苦手」と言い放った。

    これまでにも同番組で“過激な発言”を繰り返していた古市氏だが、今回の発言に不快感を露わにする関係者も──。

    「M-1に携わる人間に失礼極まりないコメントです。今回の『M-1ファン批判』は松本さんもハラに据えかねていると思いますよ」と語るのは芸能事務所関係者だ。続けてこう言う。

    「仮に松本さんが許しても、古市氏の発言を許せないタレントやスタッフは山ほどいる。少なくともお笑い業界からは総スカンで、今後、いろいろな番組で居心地が悪くならざるをえないでしょうね」

     古市氏の暴言に怒りの声が寄せられる一方、彼の“真意”を図る見方もある。

    「普段の彼は至ってまともな常識人ですよ」と前置きして、古市氏の大学時代を知る男性がこう明かす。

    「彼はどのように振る舞えば注目を浴びるかわかってやっている。コメンテーターとして新鮮さが失われないよう、あえて炎上しそうな発言を繰り返し、テレビ向けのキャラ作りをしているんだと思いますよ」

    関係者が激怒した古市氏の問題発言。その真意はホンネか作りこんだキャラなのか──。

    (白川健一)

    2017年12月14日 05:59
    http://www.asagei.com/excerpt/94730

    写真
    no title

    【テレビ】<古市憲寿氏>「M―1が好きな一派が苦手」「スポーツを語るように、今回の大会を語っていて、ついていけない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512870706/

    【テレビ】<古市憲寿氏>ロシアが平昌五輪出場禁止となったドーピング問題に「ドーピング五輪が見たい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512870906/


    【<古市憲寿氏>M-1ファン批判で聞こえてきた「炎上キャラを作ってる」証言!お笑い業界からは総スカン・・・ 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/12/09(土) 20:22:31.15 ID:CAP_USER9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0096810
    2017年12月9日 19時13分

    お笑いコンビ・ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が、8日に放送されたインターネット番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)にゲスト出演し、先日行われた「M-1グランプリ2017」後のネット配信番組で福徳が号泣してしまった件の裏側を明かした。

    「M-1グランプリ」で、ファイナルまで進んだものの、残念ながら敗退してしまった2人。
    後藤は「抜け殻状態です。終わったあとのネット配信番組では、ファイナリストが何で負けたか敗因を語り合うみたいな……。なかなか酷でしたよ」と笑いを誘うと、話題はそのネット番組で福徳が号泣し始めたことに。

     福徳は「初めて泣きました。ずっと我慢してたんですよ」と切り出すと、「(自分たちの)点数出た時に、“泣きそう”と思ったんですよ。悔しさとかじゃなくて、めっちゃ悲しかったんです。まさに誰もが笑うネタだと思っていたんですよ」とネットでも話題になった涙のワケを語った。

     ただ、審査員の1人だった松本人志(ダウンタウン)から高い評価を得たことは大きいようで、後藤は「だいぶ救われましたよ」と感謝を表し、2人は次回に向け、「ネタを作るのに1年じゃ足りないんですよね。多分、来年がラストイヤーなんですよ。もちろん出ますよ!」と意気込みを見せた。(山田貴子)


    【ジャルジャル「M-1」後番組で号泣のワケ「めっちゃ悲しかった…誰もが笑うネタだと思っていた」 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/12/08(金) 14:52:11.15 ID:CAP_USER9
    「M―1グランプリ2017」決勝に敗者復活から進出し、4位と健闘したお笑いコンビ「スーパーマラドーナ」の田中一彦(40)と武智(39)が7日放送のABCラジオ「よなよな」(木曜後10・00)に出演。
    「M―1」の“結成年数ルール”に疑問を呈した。

    「スーパーマラドーナ」は結成14年目。
    番組では「M―1」の出場資格にコンビ結成15年以内という取り決めがあるため、来年がラストチャンスとなることが紹介された。
    この“結成年数ルール”にツッコミの武智は「俺らはほんまやねん」と切り出した。

    武智と田中は03年に「マラドーナ」を結成し、07年に解散。
    08年に再び「スーパーマラドーナ」を結成した経緯がある。
    武智は「ほんまのこと言ったら『スーパーマラドーナ』結成から年数をカウントしてもいいんですよ?でも、それはやりすぎでしょって話で…」と来年がラストイヤーであることを受け入れ、「何組かおるで。名前だけ変えてやっているやつらがおるよ」と他コンビの結成年数の“不正”を告発した。

    共演陣に具体的な名前を問われると「それを言う勇気は俺にはない。でも、(結成)年数を少なく言ってるやつらはおるよ」と“不正”に納得がいかない様子だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000103-spnannex-ent

    「スーパーマラドーナ」の武智



    【「スーパーマラドーナ」武智、M-1の結成年数ルールに疑問「年数を少なく言うやつらがおる」“不正”告発 】の続きを読む