アクセスランキング

お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人やギャグ漫画、笑えるニュースなど笑いに関するネタを中心にまとめているブログです。

M-1グランプリ

4個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2019/02/10(日) 19:48:03.60 ID:P5UDYNTK9
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/10/0012054697.shtml
2019.02.10

 お笑いコンビの和牛が10日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」に出演し、漫才日本一を争う「M-1グランプリ」に3年連続準優勝となったことについて、「自分達の漫才は今のM-1では優勝しにくい」との分析した。

 和牛は2015年M-1グランプリ決勝に初進出。その後、16年は敗者復活戦から勝ち上がり準優勝となった。「今度こそは」とのぞんだ17年も準優勝。2年続けての同じ結果にボケの水田信二は「16年で準優勝だったので次の年は和牛やろと。優勝以外の結果はあり得ない」と優勝を固く信じていたことを明かした。17年には「和牛がチャンピオンになるための全国ツアー」として単独ライブもやったほどだった。それだけに「深い絶望感」を抱えたという。

 気持ちを入れ替えて18年のM-1にのぞんだ。結果は霜降り明星に敗れて、3度目の準優勝となった。しかし、落ち込むのではなく考え方を変えた。

 水田は「自分達が一番面白いと思うネタをちゃんとやれた。ちゃんとそれが伝わったというのもある。漫才はいろんな種類がある」と述べ、「競技が違うやろなとちょっとだけ思った。自分達の漫才は今のM-1では優勝しにくいかもしれない」と分析した。

 MCの陣内智則は「オレも思った。前半は振りやんか。振りで大丈夫か。そっからの回収」と前半にあまり笑いがないのではと指摘。水田は「最初から手数出してボケるネタのほうが優勝しやすい」とも述べた。






【和牛 M-1で優勝できない原因分析…「自分達の漫才は今のM-1では…」】の続きを読む

13個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2019/02/07(木) 19:11:19.61 ID:0WT+xNK89
お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、フジテレビの運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中の『久保みねヒャダこじらせナイト~こじらせデストピア編~』の「こじらせライブVOL.14」にゲスト出演。#186では、漫才師No.1を決める『M-1グランプリ』について、かなり強い口調で持論を展開した。

この番組は、漫画家の久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインがMCを務めるトークバラエティ。3人はもともと岩井とは面識があり、特に能町は、毎週ハライチのラジオを聞いているほどのファンでもあるという。

能町は、岩井に聞きたかったこととして、なぜ今年は『M-1』に出場しなかったのかと質問。収録日はちょうど『M-1グランプリ2018』決勝の日で、2017年までは毎年のように『M-1』に出場していたハライチだったが、2018年は不参加だった。

岩井は、「『M-1』を見てお笑いをやろうと思ったんですよね」とお笑い芸人になったきっかけが『M-1』だったことを告白。当時はチュートリアルやフットボールアワー、ブラックマヨネーズや笑い飯などが優勝を飾っており、「漫才で新しいことやってるなとか、こんな漫才あったんだというのが評価されていた」と当時を振り返った。続けて、「ある時期からそれが逆転していって、“うまいことこそ漫才だ”みたいな。漫才っていう一個の道筋ができて、それのどこまでいけるか、みたいになってきて。去年も如実にそうなっていって」と『M-1』のスタイルが変化したことを指摘。

「なんて言ったらいいいのかな!」と声を荒げながら、「よしもとが漫才という文化を確立させるための大会だと」と言い切り、「俺らみたいな王道の漫才じゃないのをやっている人間は、ただそれのフリに使われて、淘汰されることで、“こっちが本当の漫才ですよ”みたいにさせられる気もしまして」と主張した。

さらに、『M-1』に出るからには優勝しないといけないと断言した上で、「優勝するためには、もはや王道の漫才をやらざるを得ないんですね。王道の漫才やっておけば、平均的に点が上がって1位になれる」と持論を展開し、「王道の漫才は全然興味ないんでね。(『M-1』に出るのを)やめましたね」と続けた。

そして、ここからさらにラジオなどでもお馴染みの岩井節が炸裂。「王道の漫才があまり面白いと思わない。ルールのもとでやっているような感じ」「ワクワクしないんですよね。ときめかなくなったんで、『M-1』出るのやめました」「みんなで同じ山に登らされる感じがするんですよね。なんでこの山登んなきゃいけねーんだよって。登りたくもね~、この山の頂上に何があるんだよって思って、やめました」など、岩井らしさ全開の発言が飛び出し、その度に観客からは笑いが巻き起こっていた。

また、ハライチがこれまで単独ライブをやったことがないという話題から、単独ライブに対するスタンスの話にも展開。岩井は、単独ライブをやるには10~12本くらいのネタが必要で、そのネタすべてが良い出来でないのなら単独ライブをやる意味がないと主張。「全部“強い”10本じゃないなら、単独やる意味ないだろってなる」と自身の考えを明かし、ヒャダインから、単独を1年に1回やることに意味を見出している芸人もいるのではと問われると、「なんか単独をやらなきゃって。単独をやることが目的みたいな、意味わかんなくないですか」と言い切った。

これら岩井の語る熱い芸人論に、ハライチファンの能町は大喜び。岩井は、能町からの「こんな語りする場所、あまりなくないですか?」という問いかけに、「ないですね~」と同意し、「同業者とは(こういう話を)あんましたくないですね。その場の誰かを傷つけることになる」と一応の気遣いを見せた。

ニュース 2019 02/07
https://tv.yahoo.co.jp/news/detail/20190207-00000021-tvdogatch




【ハライチ岩井勇気『M-1グランプリ』は「王道の漫才をやらざるを得ない」「ワクワクしない」とバッサリ!】の続きを読む

2個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2019/01/17(木) 21:50:52.57 ID:tqdvFewV9
大阪のABC(朝日放送)の山本晋也社長が1月16日に新春の社長会見を行い、『M-1グランプリ』の審査員の候補者に上沼恵美子の名前を挙げた。

山本社長は「この番組は国民的番組になった」とし、「制作現場が考えること」としながらも、「もちろん上沼さんは候補に入る」と挙げた。

上沼は『M-1グランプリ2018』終了後にラジオ番組で、「審査員は頼まれて仕方なくやっているので、そろそろ降りたい」といった発言をしていた。
さらに、同時期にとろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智が上沼批判のネット動画を配信し、物議を醸し出していた。

『M-1グランプリ』制作局の社長の発言の意義は大きいといえる。これを受け、上沼はやはり審査員を引き受けるのではないかという声がある。

「『M-1グランプリ』はテレビ不況の現在にあって、高視聴率コンテンツとして知られています。予選はネットで放送され、準決勝は事前番組による地上波放送、
大会直後にネットテレビで反省会を生中継するなど、メディアミックスも話題です。特に関西では人気が高く、昨年度の放送では、平均視聴率で28.2%、瞬間最高では37.6%を記録しました(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ・以下同)。
関東地区の平均視聴率が17.8%ですから、実に10ポイント近い開きがあります。この人気を支える要素のひとつが、関西で絶大な知名度を誇る上沼さんであるのは確かでしょう」(放送作家)

これを受け、ネット上では「上沼さん無しだと代わりの女性芸人での審査員っていないものな」「この社長の発言は大きいと思う。上沼続投は既定路線では?」といった声が聞かれる。これに上沼がどう応えるかが気になるところだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15887965/
2019年1月17日 21時40分 リアルライブ




【ABC社長が『M-1』審査員に上沼推薦 局まで懇願する理由とは】の続きを読む

9個のツッコミがあるで。



1: 芸人速報 2018/12/07(金) 18:15:22.77 ID:Znq7h0Cwa
上沼恵美子「こっちだって本気やっちゅうねん!怒」

~1年後~
上沼恵美子「ミキ大好き♥98点あげちゃう♥」




【上沼恵美子「皆本気、審査員だって本気」マヂカルラブリー「僕らだって本気ですよ!」】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/12/09(日) 13:45:01.21 0
 「ダウンタウン」の松本人志(55)がが9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。
漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」の放送後に「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と
「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めたタレント・上沼恵美子(63)へ暴言を吐いた問題について語り、上沼が来年の審査員を辞退した場合「上沼さんいなくなったらオレも考えるからね」と自身の審査員を辞める意向をほのめかした。

 この日の放送では冒頭で今回の問題についてコメント。さらに番組のエンディングで松本はMCの東野幸治に見解を聞いた。
東野は「絶対にあいつらが悪いと思うんですけど」とした上で、「あれが久保田の面白さであったり、好きなところでもあるんですよ。でも、だからだから」と頭を抱えて「本当難しいと思うんですよ」と言葉に窮した。

 さらに東野は「今後、トロサーモンの久保田の“キレ”の感じも出てこないのかなと、
そこの心配もあるんですけど、吉本として謝るしかない」と明かした。

 この東野のコメントを受け松本は「上沼さんいなくなったらオレも考えるからね」と発言。
上沼は3日に自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で審査員を引退すると宣言している。

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181209-OHT1T50068.html




【松本人志、M-1暴言問題で審査員引退を示唆「上沼さんいなくなったらオレも辞める」】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報