お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

話題

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/04/25(水) 14:27:23.36 ID:CAP_USER9
23日、お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズがTwitterを更新。
セクハラ問題について触れたツイートが注目を集めている。

三村は冒頭、「触れられないぐらい過熱しています。女性が嫌な思いをしています。」とツイート。
そして「でもパワハラが大部分入っている案件な気がします。全てに笑いが入っていない。そこにも問題点が。。。」と自論を展開した。
その上で最後に「パワハラは、最悪です。。。 パセハラにしますか。そろそろ。」と結んだ。

しかし、このツイートにネットユーザーからは反論の声が続出。
多くのネットユーザーから「人ごとではないですね」「三村さんのセクハラは見ていて最高に不愉快」「自分がしてることに気づいてない?」と、ツッコまれる事態となってしまった。

「三村といえば番組中に、共演者の女性に対してセクハラ混じりのカラみをすることで有名です。これまでも、胸を揉むといった行為や、胸元に頬ずりするといったあからさまなものもありました。そんな三村がセクハラについて真面目にツイートしたところで、『お前が言うなよ』と言われてしまうのは無理もないでしょう。」(芸能ライター)

ちなみにかつて、『モヤモヤさまぁ~ず』(テレビ東京系)で共演した大江麻理子アナウンサーは、「さまぁ~ずのお二人は普段非常に紳士的なので、セクハラは気にならない」とコメントしている。
しかし、テレビの画面上では、視聴者にわかりづらい部分があるのも事実だ。

「かつてのバラエティ番組では、三村のような行為が、芸風や笑いとして捉えられていた時代もありました。そのため三村からすると、『自分のやっていることは笑いの要素が入っているからセーフだ』と、さりげなく予防線を張ったつもりなのかもしれません。」(同・ライター)

しかし、セクハラという言葉に過剰反応してしまう昨今、三村のツイートは逆に苦しい言い訳として受け止められてしまったようだ。
「明日は我が身」と言われても、仕方がないのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000002-reallive-ent

三村マサカズ



【「女性が嫌な思いをしています」さまぁ~ず・三村、セクハラ問題に言及するも「お前が言うな」総ツッコミ】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/04/25(水) 11:17:37.94 ID:CAP_USER9
キンコン西野が「出版不況を終わらせるための一手」を公開
2018年4月24日 20時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d34124/


 
4月24日、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(37)がブログを更新。出版不況を終わらせるための方法を公開した。
 
西野は「出版不況を終わらせる為に、出版物の売り場面積を増やす」と題したブログを更新。
「出版不況を終わらせる為の方法としては些細かかもしれませんが」と前置きをし、「身のまわりの手をつけられるところから手をつけようと思います」と伝えた。
 
方法として「手始めに、本の売り場(お客さんが本と出会える場所)を増やしてみようと僕は考えました」と自身の考えを明かした。
 
『しるし書店』という「店主が読んで、店主が しるし を入れた世界に一冊さけの本」を取り扱う古本屋さんのプラットフォームサービスを運営している西野。
「Amazonさんに申請を出して、長い格闘の末、なんとかかんとか審査を通し『しるし書店』にこんな機能を追加しました」と、出版不況のための対策として『しるし書店』に新たな機能をつけることにしたと報告。
 
その内容は、『しるし本』を出品する際にその本の新品のリンク先を貼り付けられるようにし、「ユーザーが『しるし本』を出品すれば、その本(新品)の売り場が増える」と説明。出版不況と向き合っているとつづった。
 
そして次なる作戦は「『しるし本』が売れる度に出版社にお金が落ちるシステム」を考えているとし、「世の中を面白くします」と宣言した。


【【しるし本】キンコン西野が「出版不況を終わらせるための一手」を公開】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。



1: 芸人速報 2018/04/23(月) 10:05:36.46 ID:CAP_USER9
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のMovieNEXが4月25日に発売される。これに先がけて、野性爆弾くっきーが監督し、出演する映像がYouTubeにて公開された。


映像は「実況 銀河杯将棋」と題し、くっきー演じる川島名人とライバル高橋四段による白熱の将棋バトルを描いたもの。将棋盤の上で「レイとルークの出会い」「レイとカイロ・レンの共闘」「消えたルーク」を表現した。対局の様子は実況解説され、このシーンには「野性爆弾くっきーの持ち方先生」でおなじみのトリートメント・エレーンこと坂本麻子も出演している。音楽や細かい演出など、くっきーの世界観を存分に楽しめる映像をチェックしてみよう。


*** 引用ここまで
全文は下記よりお願いいたします|ω・)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000027-natalieo-ent
https://youtu.be/tfESe3-D7Ao



【野性爆弾くっきーが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』発売に先がけ、世界観を“銀河杯将棋”実況で表現(動画)】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/04/23(月) 19:17:02.74 ID:CAP_USER9
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/987280/
2018年04月23日 12時00分

 美熟女グラビアが注目される中、女性お笑いコンビ「春やすこ・けいこ」の春やすこ(56)が34年ぶりにグラビア再デビュー。23日発売の「週刊大衆」(GW合併号)スクープ袋とじで美ボディーを披露している。

 春は、相方のけいことともに“漫才界のピンクレディー”として人気者になり、1980年代の漫才ブームをけん引。アイドル並みのルックスと身長168センチのスラリとしたスタイルを生かし、20代のころにはグラビアにも挑戦していた“元祖ビジュアル系女性芸人”だ。当時から女優としても活躍し、人気ドラマや話題作に多数出演していたが、現在は女優、MCのほか、子育てや両親の在宅介護の経験を生かして講演活動も行っている。

 そんな春が56歳にして、グラビアに再チャレンジ――。美熟女グラビアブームとはいえ、突然のオファーに「まさかこの年齢になって、こんなお話があるとは驚きました」と戸惑いながらも家族に相談した春は「娘と息子からも『ええんちゃう!』と想像と違う答えが返ってきて、背中を押してくれました」と決断の経緯を明かす。

34年ぶりのグラビアは、カメラマン・小澤忠恭氏によって温泉で撮影された。和服姿でほほ笑むショットは愛らしく、物憂げに温泉宿の窓辺に座るランジェリー姿からは“大人の女性”ならではの色香が漂う。また、露天風呂では当時と変わらぬB85・W64・H84の抜群のプロポーションを披露。艶やかな柔肌をあらわにし、なまめかしさが匂い立つ。




【“元祖ビジュアル系女芸人”春やすこ 34年ぶりグラビア「美しく撮っていただいた」】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報