お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    ニュース

    1: 芸人速報 2018/01/22(月) 15:19:20.64 ID:CAP_USER9
    桂文枝会長に疑惑、「喜楽館」名称選考で女性介在か
    2018年1月22日14時18分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801220000401.html

    桂文枝(2017年9月4日撮影)



    兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の上方落語協会第2の演芸場「喜楽館」の名称をめぐり、桂文枝会長(74)が、自身の知人女性を一般公募による選考過程に介在させたとする疑惑が22日、浮上した。同日発売の「週刊現代」が報じた。

    「週刊現代」は「桂文枝が愛人に口止め 上方落語の殿堂を巡る『ヤラセ事件』」と題し、女性の証言を掲載。文枝が女性に「喜楽館」の名前で応募するよう求め、女性の応募が採用されたなどと記されている。

    文枝会長らと名称選考を行った「新開地まちづくりNPO」事務局によると、同名称をめぐっては「別の方からも同じ名で5通あった」とし、同事務局も、選考会に同席。「会長が誰かにこだわって、ごり押ししたり、無理があったような印象は持っていない」と話した。

    同事務局は報道内容の確認が終わり次第、対応するとし「説明責任がありますので、23日に対応させていただく」とした。

    同事務局によると、公募には1046通の応募があり、昨年8月に名称を発表。その席上で、文枝が「喜楽館」を希望し、同NPO理事長らも同意したとし、「命名者は神戸市の女性」と発表されていた。


    【【上方落語】桂文枝会長に疑惑、「喜楽館」名称選考で女性介在か 神戸・新開地】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/01/14(日) 18:11:26.64 ID:CAP_USER9
     フリーアナウンサーの丸岡いずみが14日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演していた時に宮根誠司アナからアドリブ攻めの質問をされたことを振り返り、「腹が立った」「やりにくかった」と訴えた。

     番組MCの東野幸治が、宮根アナのアドリブ攻めについて嫌だったかを尋ねた。丸岡アナは「最初は、なんだろうこの人はって感じでした」と当惑したことを述べた。宮根アナの質問の中で「一番どうでもいい」と思ったことは、「僕ら1年半もやってるのに電話番号も知らないよね」というものだったという。

     丸岡アナは「電波で聞いてきたので腹が立って」と不快そうな表情。「用事無いですからね」と答えたという。するとスタッフから「それはちょっとひどいんじゃないの」と言われた。

     宮根アナは大阪の読売テレビから、丸岡アナは東京の日本テレビからでのやり取りだった。東野がその点を尋ねた。丸岡アナは「次のニュースの準備もあるので報道フロアの真ん中でやってるんです。人が行き来してるし、報道局長とかが並んでいる席も後ろにあって空気感がぜんぜん違うんです」と日テレの報道フロアでは緊張感が漂っていたことを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000101-dal-ent


    【丸岡いずみ 宮根誠司のアドリブ攻め「腹が立った」「やりにくかった」…日テレ報道フロアは緊張感 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/01/09(火) 05:01:43.67 ID:CAP_USER9
    [2018年1月8日23時56分]

    イケメン・コンビ「トット」が上方漫才協会大賞に

     「第3回上方漫才協会大賞」が8日、大阪・なんばグランド花月(NGK)で発表され、イケメン・コンビ、トットが大賞に輝き、同日夜、会見に出席した。

     「ミキとか霜降り明星、東京から(横沢夏子、おかずクラブら)も、売れっ子が加わって、厳しいなと思っていたので、うれしいです。漫才をやっててよかったです」

     180センチ超え長身の桑原雅人(32)と2枚目の多田智佑(ただ・ともひろ=31)による男性コンビ。
    漫才の大先輩、中田カウス(68)ボタン(69)が漫才文化の発展を求めて14年に創設した「上方漫才協会」が3年前から始めた賞を得て歓喜した。

     コンビの本拠地、よしもと漫才劇場での観客投票「男前芸人」ランキングは、多田が1位で桑原も4位。イケメン・コンビに風が吹いてきた。

     長身の桑原は昨年12月、新装NGKのセレモニーで、割れなかったくす玉を、からし蓮根・伊織に背負われ、手で開き「NGKをオープンさせた男」と言われた。

     “善行”の末の大賞に、桑原は「いいことが続いていて、そういうラッキーもあるのかなと思いました」と照れた。
    そんなコンビをカウスは「バランスがいい。ネタも多彩、豊富」と高く評価。ただし、いまやイメージカラーになりつつある緑の衣装には注文をつけた。

     カウスは「毎回、同じ服やと、それは制服になる。緑のスーツは、それはそれでいいけど、たまには普通のスーツも着ることがあればいい」。
    ネタだけではなく、今後は舞台衣装にも変化を求めた。

     多田は「緑に変えてから、縁起いいことが多い」と言い、桑原も「グリーン車に乗れるように-という意気込みの色です」と、こだわりがあることから、
    緑色スーツからの卒業ではなく「たまに違う服を着たいです」と約束。今年は全国ツアーを予定していることも明らかにした。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    第3回の上方漫才協会大賞を受賞した「トット」の多田智佑(左から2人目)と、桑原雅人(同右)(撮影・村上久美子)


    「トット」の多田智佑(左)と、桑原雅人


    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801080000614.html


    【イケメンお笑いコンビ「トット」が上方漫才協会大賞に 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/01/08(月) 08:12:26.13 ID:CAP_USER9
     昨年10月に乗用車で人身事故を起こして謹慎中のお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(40)が夫人と別居していることが7日、分かった。関係者は「今は一緒に住んでいないと聞いています。事故のこともあって奥さんと溝ができたようです」と説明した。フジテレビのバラエティー番組で振り付けを担当していたダンス講師の夫人と2011年に結婚。2人の間には長女がいる。

     堤下は事故の影響と別居によるストレスで精神的にかなり落ち込んでいる様子。知人は「堤下さんは奥さんとの関係修復を図りたいようで悩んでいます。人目につかないよう真夜中にサウナで汗を流すことが唯一の楽しみだと言っていました」と説明。サウナ通いが趣味の堤下が関東近郊の店舗に通う姿が度々目撃されている。

     堤下は昨年6月に睡眠導入剤などを服用して意識がもうろうとした状態で車を運転。電柱に衝突する事故により道交法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで同9月に書類送検され、11月に罰金30万円の略式命令を受けた。10月にはゴミ収集車に衝突する人身事故を起こし、自動車運転処罰法(過失傷害)の疑いで取り調べを受け、無期限の謹慎処分となった。6月の事故での謝罪会見では「妻からはだいぶ叱られた。しっかりとうそなくしゃべってこいと言われた」と話していたが、半年たたずに2度目のトラブルを起こしたことになる。

     関係者によると、現在、事故の被害者と示談に向けて話し合いを進めており、「警察の尿検査では睡眠導入剤を含め薬物に関する反応は出なかった」という。刑事処分を待って復帰の時期などを検討するとみられる。

     堤下は周囲に「車に乗るのもこりごり。奥さんも運転しないし、車を売ろうと思う」と反省を口にしている。事故により引き起こされた、離婚につながりかねない別居という“人生の危機”。乗り越えることができるか注目される。

    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20180108_0003/
    昨年6月、交通事故を起こし謝罪会見したインパルスの堤下



    【インパルス堤下 夫人と別居…2度の交通事故が引き金、無期限謹慎に追い打ち 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/01/07(日) 01:31:17.97 ID:CAP_USER9
    オードリー若林、生放送で南沢奈央と交際宣言「バリバリ付き合ってる」
    2018-01-07 01:07 ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2103673/full/

    (左から)オードリー・若林正恭、南沢奈央 (C)ORICON NewS inc.



    お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(39)が、6日深夜放送のレギュラーのラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送 毎週土曜 深1:00~)に生出演。1日に一部スポーツ紙で女優の南沢奈央(27)との交際が報じられて以降、初となる放送で「バリバリ付き合っています」と堂々と宣言した。

    番組冒頭から、相方の春日俊彰(38)に「告白はどっちからしたのか? 真剣交際について聞いているんだよ。正月からびっくらこいたんだから。まさか女優さんと付き合うなんて…」と追及を受けるも、若林はのらりくらりとスルー。その後、スポーツ紙の記事について「インドアデートはインドアデートなんだけどね。オレと南沢がね…」と自ら解説する形で交際について初言及した。

    交際の決め手について“落語”とされている点については「落語も好きなんだけど、プロレスなんだよね、2年前にプロレスの話をしたら向こうも興味持って、ひとりで後楽園ホールに行ったりして、すごく盛り上がったんだよね」とコメント。春日がドッグカフェの店員と「お互いに狙い合っている」という微妙なニュアンスでかわしていることを引き合いに出し「オレたちはバリバリ付き合っています」と熱愛を認めた。

    報道によると、2人は7年前のテレビ出演を通じて知り合い、昨年9月に交際に発展。ORICON NEWSの取材に対し、南沢の事務所は「交際は事実です。真剣交際させていただいております」とコメントし、若林の事務所も交際の事実を認めていた。

    若林と親交の深い南海キャンディーズの山里亮太(40)は、6日に千葉市民会館で行われた『千葉 40歳のW成人式』で、今回の交際報道について「やってられないよ!」と嘆きながらも「若林に彼女ができても、心の闇を持っているから、人として変わることはない。だから、負けたと思っていません」と見栄を張っていた。


    【オードリー若林、生放送で南沢奈央と交際宣言「バリバリ付き合ってる」】の続きを読む