お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

ドラマ・映画

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/04/16(月) 18:57:30.48 ID:CAP_USER9
https://natalie.mu/eiga/news/278225
2018年4月16日 13:26

木梨憲武と佐藤健の共演作「いぬやしき」が、ベルギーで開催された第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭にて、インターナショナルコンペティション部門グランプリにあたるゴールデンレイヴン賞に輝いた。

シッチェス・カタロニア国際映画祭、ポルト国際映画祭と並び世界3大ファンタスティック映画祭の1つに数えられる同映画祭。監督を務めた佐藤信介は2016年公開作「アイアムアヒーロー」でもゴールデンレイヴン賞を獲得しており、今回2度目の受賞となった。

佐藤信介は受賞の喜びをつづるとともに、「日本映画としては非常に限られた日数の中で、そして限られた素材を使って工夫しながら、一つ一つのカットを丁寧に全て手仕事で作ったような作品ですので、非常に思い入れのある作品ですし、なかなか普通では出来ないようなシーンを作ることが出来たと思います」とコメント。「現在、映画の撮影中なのですが『いぬやしき』と同じスタッフでまた撮影しているので、この知らせを聞いて皆で喜んでおります」と明かした。

映画祭にて初めて受賞を果たした木梨は「スゴいことになってまいりました。チーム『いぬやしき』一同大変喜んでおります。私、CG男優木梨憲武も嬉しい限りでございます」と述べている。

「いぬやしき」は4月20日より全国でロードショー。なおイタリアの第20回ウーディネ・ファーイースト映画祭でスクリーンにかけられるほか、ブラジル、韓国、カナダ、スペインなどの映画祭でも上映される予定だ。

■木梨憲武 コメント
日本での公開前にブリュッセルファンタスティック映画祭でグランプリ獲得とは!
スゴいことになってまいりました。チーム「いぬやしき」一同大変喜んでおります。
私、CG男優木梨憲武も嬉しい限りでございます。
(続きはソースをご覧下さい)












【「いぬやしき」ブリュッセル国際映画祭でグランプリ受賞、木梨憲武「スゴいことになってまいりました」】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/03/14(水) 19:54:28.41 ID:CAP_USER9
https://natalie.mu/owarai/news/273524
2018年3月14日 18:00

ガンバレルーヤよしこ初主演映画「Bの戦場」の制作が決定した。

これは「2016年ノベル大賞」を受賞したゆきた志旗の小説「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防」を実写化する作品。「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などのフジテレビドラマに携わってきた並木道子が監督、お~い!久馬が脚本を担当する。

ストーリーは、自分をブスだと卑下してきたウェディングプランナーが、大野拓朗と速水もこみちが演じる2人のイケメン男性と三角関係に陥るというもの。よしこは「私はプライベートでは一度に何人もの男性を愛せるタイプなので困らないのですが、映画の中ではある決断をしないといけないのでちょっと困ってしまいます……。そんな主人公の恋心と決断の行方をどうぞお楽しみに」とコメントしている。

映画「Bの戦場」は2018年公開予定。追加キャスト情報などは後日発表される。

■ガンバレルーヤよしこ コメント
映画初出演の私を主演に選んでいただきとてもうれしい気持ちでいっぱいです。共演していただく速水もこみちさん、大野拓朗さん、お二人とも、この世のものとは思えないきれいなお顔をしておられるので、キュンとしたりドキドキするシーンなどは役作りなしで自然体で演じることができました。
映画では2人の男性の間で心揺れる役柄を演じます。私はプライベートでは一度に何人もの男性を愛せるタイプなので困らないのですが、映画の中では「ある決断」をしないといけないのでちょっと困ってしまいます……。そんな主人公の恋心と決断の行方をどうぞお楽しみに。
(続きはソースをご覧下さい)




【ガンバレルーヤよしこが映画初主演、「Bの戦場」 大野拓朗&速水もこみちと三角関係 】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/11/22(水) 10:58:23.65 ID:CAP_USER9
落語家の林家正蔵が、11月30日放送の『ドクターX~外科医・大門未知子~』
(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)に出演することがわかった。

本作は、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子)が活躍する人気医療ドラマの最新シリーズ。

日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」へ再び派遣された未知子が、初の女性院長誕生を機に、
新たな権力争いが渦巻く巨塔に立ち向かっていく姿が描かれていく。

出演が決まり、「役者としてどうしても出たかった作品が『ドクターX』なんです。
出演が決まったときは、ものすごいご褒美をいただいたような気分でした」と大興奮で語った正蔵。
「夢が叶って、本当に幸せです」と、瞳を輝かせた。

正蔵が演じるのは、根治手術は不可能とされる病を患い、死を覚悟した元大臣秘書官・八雲拓哉。
正義を貫いてこの世を去ろうと決意し、厚労省の不祥事を告発する人物だ。

「『ドクターX』に出られるなら、人間らしい役がいいなぁと常々思っていたのですが、今回はまさにそんな役どころ。
人間としてとても面白い役で、ワクワクいたしました」という正蔵は、役作りにも一球入魂。
患者役であることと初登場時のインパクトを考慮し、夕方5時以降は食事を控えるなどして体重を落としたという。

「他の現場でみんなに“大丈夫? 具合悪くない?”と心配されたんですけど、
“大丈夫! 僕には大門先生がついているから”と答えた次第です(笑) 
クランクアップしたら、思いっきりトンカツを食べたいです!」と語った。

また、米倉との共演に、正蔵の家族もテンションがうなぎ上りだったよう。
「帰宅して“今日は『ドクターX』の撮影でしたよ”と報告したら、家族も“どうだった?”と大興奮でした(笑)!」と正蔵。

実際に対面してみての印象を尋ねると、「大門先生はとにかくカッコいいです。ドキドキしちゃったよ! 素敵ですなぁ……」とこぼし、
見どころについては「大門先生に“私に切らせて”と言われるシーン」を挙げ、
「もう言われた瞬間にゾクゾクッとしました。“きれいな目だなぁ、目力がスゴいなぁ!”と!」と力説した。

さらに『ドクターX』といえば、大門未知子の名ゼリフ「私、失敗しないので」。
そこで、正蔵に“絶対に失敗しない特技”を尋ねると、「私は落語でも芝居でも失敗だらけ!」と返答。
「落語では失敗しないようにしたいんですけどねぇ……」と苦笑いしながらも、
「失敗だらけで、どうもすいません(笑)」と、お家芸を織り交ぜた“失敗しないオチ”で、スタッフ:を笑わせていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13924248/

画像



【林家正蔵(元・こぶ平)が激痩せ、理由は『ドクターX』役作り 】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/11/12(日) 16:11:07.83 ID:CAP_USER9
 池井戸潤氏原作による役所広司(61)の主演ドラマ『陸王』(TBS系)。阿川佐和子(64)や小籔千豊(44)といったドラマ出演の珍しいタレントを起用して話題を集めている中、11月5日放送の第3話には、お笑い芸人の鳥居みゆき(36)が登場。ふだんのキャラクターを封印した高校教師役に挑戦し、「演技が自然すぎて驚いた」と評判を集めたようだ。

 同ドラマは、老舗の足袋製造会社“こはぜ屋”が社の存続をかけてランニングシューズ“陸王”を開発するという物語。鳥居は、体育の授業で生徒に足袋を履かせたいと、こはぜ屋に相談する高校教師の栗山を演じた。栗山は足袋を選ぶために宮沢社長(役所広司)に電話し、宮沢は栗山のいる学校へ。栗山はこはぜ屋の足袋を手にして、「さすがは老舗の足袋屋さんですね。丈夫で機能的で、すばらしいです」と絶賛した。その後栗山は、足袋の採用は見送りとなったが、代わりに“陸王”を授業で生徒に履かせたいと、大量発注を申し出た。

 ドラマの舞台となっているのは、埼玉県行田市。鳥居は実は秋田県生まれの行田市育ち。2017年5月からは市の観光大使にまで任命されている。今回撮影が行われた高校も、鳥居がかつて通っていた母校。鳥居はドラマ出演にあたって、「私がずっと通っていた母校に、こういったかたちで戻ってくるとは思いませんでした。びっくりしましたが、うれしいです」とマスコミに向けて喜びを語っている。

 ドラマではなじみのない鳥居の演技だったが、これが視聴者の間で大評判。「鳥居みゆきさん、なんてナチュラルな演技」「違和感なかったし、女教師がすごく似合ってた」と、鳥居の意外な才能に驚きの声が続出。「エンドロール見るまで全然気づかなかった」「どこかで見たことある気がしたけど、鳥居みゆきだったんだ!」と、自然な演技で鳥居だと気づかなかったという人までいたようだ。

「ドラマは視聴率も絶好調で、鳥居の出演した第3話は15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高を記録しました。このドラマはこれまで池井戸潤氏の大ヒットドラマを手がけてきたチームが再集結した作品。『半沢直樹』や『下町ロケット』でも珍しい出演者が話題を呼びましたが、『陸王』でもそのあたり、まだまだ楽しませてくれそうです」(テレビ誌ライター)

 次はどんなキャラクターが活躍するか、今後の展開にも期待したい。


https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_30270/



【陸王、鳥居みゆきの演技が意外に高評価!? 】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/10/12(木) 18:46:42.47 ID:CAP_USER9
http://natalie.mu/eiga/news/252264
2017年10月12日 12:45

「恋と嘘」より、徳井義実(チュートリアル)の登場シーンを捉えた場面写真が到着した。
ムサヲによるマンガをもとに古澤健が監督した本作は、国民の結婚相手を国が決める政策が施行された近未来の日本を舞台とするラブストーリー。
主人公・仁坂葵を森川葵、葵に思いを寄せる幼なじみ・司馬優翔を北村匠海(DISH//)、国の“政府通知”によって決められた葵の結婚相手・高千穂蒼佑を佐藤寛太(劇団EXILE)が演じる。

徳井が演じるのは、葵の叔父である人気イケメンモデル四谷大輔。このたび到着した場面写真では、大輔が撮影の合間に電話で葵の相談に乗る様子や、メガネにエプロン姿で休日に手料理を振る舞うシーンなどが切り取られた。
さらに同じお笑い芸人である遠藤章造(ココリコ)扮する葵の父・遥一も交え、葵の誕生日を祝う場面も捉えられている。

“政府通知”の相手とパートナー関係を解消した過去のある大輔は、いまだに独身。自らも独身である徳井は、“政府通知”という仕組みについて「16歳の時だったら性格的に受け入れられない。でも逆に今だったら政府に決めてほしい。もう決めて政府! 今欲しい!」と切実に話す。
また遠藤は、「僕は本当に好きな人と結婚したい。でも、徳井はこういう制度があったほうがいい」と後輩を心配するコメントを寄せている。

「恋と嘘」は10月14日より全国ロードショー。










【「恋と嘘」イケメンモデル役チュートリアル徳井、結婚相手は「政府に決めてほしい。もう決めて政府! 今欲しい!」 】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報