アクセスランキング

お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人やギャグ漫画、笑えるニュースなど笑いに関するネタを中心にまとめているブログです。

エピソード

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/12/03(月) 21:50:02.04 ID:CAP_USER9
女優の南沢奈央と破局し、40歳にしてまたもや独り身に戻ってしまったオードリーの若林正恭。そんな若林がいつのまにか、芸能界でも有数のモテ男にジョブチェンジしていたという。

「若林はもともと“人見知りキャラ”を自任しており、『社会人大学人見知り学部 卒業見込』という著書もあるほど。それが南沢と付き合ったことで世間を驚かせました。
この交際は南沢にとって『人見知りの男性とも上手く付き合える』という評価に繋がり、彼女の好感度を高めることになったのです。
しかも別れ際に南沢は『この破局を笑いにしてもいい』とまで言っていたそうで、交際相手にそこまで言わせるとは若林はなんと清々しい男なんだと、モテ度が高まっています」(業界関係者)

そんな清々しさがとくに、女優を抱える芸能事務所から好感されているという。

「女優がバラエティ番組への出演を打診される際には、共演者次第でNGが出ることも多い。
その点、『若林ならオーケー』という事務所も多いのだとか。しかも共演者から連絡先を訊かれるケースでも、若林なら教えても大丈夫と考える女優が少なくないようです」(前出・業界関係者)

人見知りから一歩踏み出してみたら、モテ男になっていた。世の女性たちはそんな若林を見習ってほしいと、男子たちに対して思っているのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1595457/
2018.12.03 18:15 アサジョ




【オードリー若林正恭が人見知りからモテ男に脱皮できた理由】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/20(火) 06:20:34.56 ID:CAP_USER9
去年の春に東京進出したばかりなのに、バラエティ番組にひっぱりだこ。
さらにドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系)にゲスト出演し、念願のドラマデビューも果たした尼神インター誠子。

大学進学を蹴ってまで吉本に入ったという彼女を、元芸人・インタビューマン山下が直撃した。

――誠子さんは大学進学も決まっていたのに、なぜそれを辞退してまで吉本の養成所に入ったんですか?

「私の両親が真面目で、バラエティ番組をあまり見せてくれない家庭だったんです。だからお笑いのことをまったく知らなくて、高校3年の冬に初めてM-1グランプリを見たんですよ。

そこで『なんやこれ! 面白い! カッコええ! やりたい!』って思って。
それで親に『ごめん。私、大学行くのをやめてNSC(吉本の養成所)に入るわ』って言いました。

――親に反対されませんでしたか?

「最初は『今までかけてきた塾代とか学費とか無駄になるやんか』って言われました。

でも私が、『初めて自分がやりたいことが見つかってん。だからお笑いをやりたいねん!』って言ったら、親が『わかった』って言ってくれました。

そのあと親が私をまじまじと見て、『あんたの顔が初めて活かせるんとちがう』って言われました(笑)」

――いや、親が娘のビジュアルのこと、いじってますやん(笑)。

「親には昔から関西のノリでいじられてました。『ホンマ妹はスタイルいいな~。あんた、どないしたん?』って言われて、
『うるさいねん!』とか『ブスちゃうわ!』とか、そのころからツッコんでましたね(笑)」

――NSCに入学して、今の相方の渚さんと組むまでに相方が何回か変わったそうですが。

「そうですね。7回ぐらい変わりました。女の子って出会いを求めて来てる子もいるので、すぐにやめるんですよ。彼氏ができたとか、同期と付き合ってやめたりとか。

一度、中国人の相方と組んだことがあったんです。その子は顔もブスでめっちゃ面白くて、講師の方にも『おもしろいコンビや』って言われて、手ごたえがあったんですよ。

そしたら急に『ビザが切れたから中国に帰らなあかんので解散してくれ』って言われて(笑)」

――解散の理由が斬新ですね。まぁ不法滞在になりますから、しょうがないですね……って、どんな理由や(笑)。

それはそうと、誠子さん、ついにアイドルコンサートを開くそうですが、曲とかも歌うんですか?

「はい。アイドルの方の曲も歌いますし、実は今、自分で作詞してオリジナルソングも作ってるんですよ。この日に初お披露目しようと思ってて、オリジナルを2曲、歌う予定です(笑)」

ブスでもアイドルになれるのか、誠子の新たな挑戦に注目だ。

※尼神インター誠子の単独イベント「せいこソロコン2018~あなたに会えて幸せいこ~」が12月4日に、大阪・イエスシアターで開催されます。共演はプリマ旦那・河野

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00010001-flash-ent
11/20(火) 6:02配信



no title









【尼神インター誠子「それは高3の夏、M-1見て人生が変わったの」】の続きを読む

2個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/20(火) 07:18:31.10 ID:r1kRxEXm0HAPPY
お笑い芸人のコウメ太夫(46)が、自宅のベランダに不審者が侵入し、警察に通報す
る騒ぎがあったことを明かした。

コウメ太夫は17日更新のツイッターで、「今日洗濯物干そう思ったらベランダに知ら
ない男がいてタバコ吸ってて、なんだコイツは!と思って注意したら逆上してキレて
きた!! 慌てて窓閉めたら窓ガラス叩き割るかと思うくらいバンバンバン!叩いてき
て超怖かったチクショ!!」と出来事をつづった。

コウメ太夫はすぐに警察に通報したようだが、「警察連絡してるうちに逃げられてしまった」という。
「もう来ないでくれ怖すぎる!!」とつづった。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811190000389.html




【【悲報】コウメ太夫宅に不審者が侵入、窓を叩かれ警察に通報】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/19(月) 08:35:39.70 ID:CAP_USER9
元なでしこジャパンの丸山桂里奈(35)が18日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(後7・00)に出演。アプローチしてくる男性について「私は来るもの拒まず。1回は受け入れる」と断らないことを明らかにした。

 番組内で、アメリカンフットボールの栗原嵩(31)が美人妻と出会った際、強引に付き合い始めたことを明かした。するとMCの「ダウンタウン」浜田雅功(55)は「丸山さんどうですか、こういうタイプ。
ワーと来られたら」と丸山に質問。丸山は「私はやっぱり来るもの拒まずですから。来られたら1回は受け入れるって決めている」とあっけらんと答えた。

 また、自らの性格について「強く言われるとダメなタイプ」と告白。浜田のファンだと言い「浜田さんにスパルタにされるならいいかもしれない。以前、お仕事ご一緒した時にシバかれたことがあったんですよ。結構本気だったんで本気でシバいてくれるんだって思って、それからときめいちゃった。いつになったらシバいてくれるかなって思っちゃう」と“浜田愛”を語った。

 一方「現役時代、周りに迷惑をかけたことは?」という質問には「ハードな練習の後に、自分にご褒美って思って、健康ランドに行ったんですよ。私、股関節痛があって強めのジャグジーをここ(股間を示し)に当てたら、店員に“そういう使い方するもんじゃない”って怒られた」と明かしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000066-spnannex-ent




【丸山桂里奈 告白してくる男性は「来るもの拒まず。1回は受け入れる」】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/11/09(金) 12:32:50.59 ID:CAP_USER9
http://www.jprime.jp/articles/-/13746
2018/11/9


「もう戦う場が違う。なんの報告もございません」
9月の映画イベントで少し寂しそうな調子で言ったのは、お笑いコンビ「130R」のほんこん(55)。板尾創路(55)の相方だ。最近は、板尾とほんこんが組んでお笑いをやっていたことを知らない若い読者もいるかもしれない。

 それほどに今、板尾は俳優や監督としてのイメージが強い存在になっている。

「急に映画監督やってくれというオファーがあって、経験ないですし、最初は断ったんですけど……」
という監督業も3作を数え、よしもとの後輩・又吉直樹が芥川賞を獲得した『火花』では脚本も手がけ話題を呼んだ。

 行定勲監督のロマンポルノ作品では、主演と前張りをはり、テレビドラマでは渋いながらもひとクセある中年役を演じることが多い。

「最近は、スタッフや役者も僕より年下が多くなったので、自分がしたいことより、若い人の気持ちに寄り添うようにしているんです」 
静かにそう語る姿は、老境に差しかかったベテランの大俳優のようにも……。

 芸人時代は伝説ともなっている“天然ボケ”が板尾の武器だったが、その世界に執着もないようだ。

「もう僕らの時代ではないですよ。お笑いで昔できたことが今はできなくなっているので、若手は大変だなとは思います。僕はもう未練はありませんけどね」
そう飄々(ひょうひょう)とした態度を崩さない板尾だが、それぞれの仕事に対するこだわりや熱意を垣間見ることができた。

「板尾さんは、何に興味があってないのかがわからないところが魅力ですね。天然ボケ伝説も数々ありますが、ご本人もそれに気づいていて、自己完結しているようですし……。私も驚きの体験をしたことがあります。板尾さんと映画で共演させてもらったときに、ロケバスの中でアイスコーヒーをすすめられました。

 私はもともとコーヒーが苦手で、水分も控えていたのでやんわりお断りしたんですけど、“そのまま我慢して飲みィ”と飲まされてしまったんです!
おかげでコーヒーを飲めるようになったので感謝していますが、びっくりする出来事でしたね。才能ある方はスゴイと思いました……(笑)」






【板尾創路、お笑いに執着はなし「僕らの時代ではない。もう未練はありません」】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報