アクセスランキング

お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人やギャグ漫画、笑えるニュースなど笑いに関するネタを中心にまとめているブログです。

女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/12/12(水) 19:04:37.12 ID:CAP_USER9
12月10日、“この世で一番オモシロイ女性”を決める賞レース『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)が放送された。

しかし、ネット上では「面白くなかった」という否定的な声が目立っている上、その原因が出場者だけでなく司会者にもあると叫ばれている。

同大会は昨年から開催されており、『M-1グランプリ』や『キングオブコント』といった賞レースの女性限定版という位置付け。女性であればピンやコンビを問わず出場でき、優勝者には賞金1000万円が贈られる。

テレビで生放送されるのは、総エントリー606組から勝ち上がった10組による決勝トーナメント。当然、白熱したお笑いバトルが繰り広げられるかと思いきや、スタジオの笑い声は、ほぼすべてのネタでまばら。ネット上にも否定的な感想が多く上がった。



名前を間違える凡ミスも
そんな中、お笑いコンビ『チュートリアル』徳井義実による番組進行も批判の的になった。

「徳井の司会は無難なコメントばかりな上、緊張からか滑舌も悪くて散々。これなら、男性アナウンサーの方が良かったと思うほどです。出演者のネタがつまらないせいで、会場の空気が冷え冷えになっていましたが、徳井はわれ関せず、ボケもほとんどしないで進行するだけ。対して“副音声”枠で出演している『ダウンタウン』松本人志は、場の空気を変えようと、話を振られたときは必死にボケているのが印象的でした」(芸能記者)

勝ち上がったコンビにコメントを求める際に、間違って敗退コンビの名前で振る凡ミスもした徳井。その後の処理では苦笑いで平謝りするなど、司会として、芸人としての力量を疑わざるを得ない場面が目立っていた。

ツイッターにも、

《徳井の司会ヘタ過ぎない?》
《すぐ審査員にコメント振るのは、自分じゃさばききれないからだな》
《司会の徳井は何でもっと盛り上げようとしないの?》
《徳井さんでは正直力不足…。フットボールアワーの後藤とか、もっとうまく回してくれる芸人さんがやればいいのに》
《ネタがつまらないオンパレードだけど、一番やばいのは徳井の司会だと思う》

などといった感想が続出。自身は『M-1』優勝歴を誇る徳井だが、場を回す力はまだまだ足りなかったようだ。

『THE W』は2回目の開催で、大会が盛り上がっていくのはこれからかもしれない。しかし、司会が徳井のままでは盛り上がりに水を差しかねないため、早くも交代が求められることになりそうだ。

2018.12.12 17:30まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/69819




【チュートリアル徳井『女芸人No.1決定戦』司会に「ヘタ過ぎる」の酷評!名前を間違える凡ミスも...】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/12/12(水) 07:29:04.84 ID:CAP_USER9
12月10日、バラエティ番組「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)が放送された。同大会にて、ファイナリストの紺野ぶるまが披露したネタを、松本人志が絶賛したという。

「番組では、松本と構成作家の高須光聖が副音声を担当しました。しかし出場者はレベルの高い女芸人ばかりではないため、放送中、コメントや笑い声もなく黙り込むシーンが続出。
そんな中、紺野の“地元でキレイとおだてられ、芸能界入りした女の自虐ネタ”には、2人が大爆笑。松本は『これは好きやな~!』と大絶賛していました」(テレビ誌記者)

今回、紺野は自分のことを「このレベルの女がやるグラビアに、もはや布は与えられない」「(競馬やパチ○コ番組のことを)墓場って呼んでるから!」と、
次々と衝撃的なフレーズを繰り出し、同時間のネット掲示板でも絶賛の声が相次いだ。

しかし結果は、対戦相手の横澤夏子に軍配が上がり、紺野はファーストステージ敗退となった。

「この大会の審査方法は、ほとんどが会場にいる一般女性の点数によって決められます。しかし紺野は、他の女芸人より顔がいいため、女性ウケが悪い芸人と言われています。
実際、今回も女性が集まるネット掲示板では『自分のことキレイだと思ってそう』『なんかイライラする』『この人、可愛い顔が邪魔してるね』と、ネタではなく見た目で酷評する声が多く飛び交っていました。
そのため、一般女性に審査される『THE W』では、彼女は不利なのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

この結果に男性視聴者からは「かわいいと落としたくなるんだろうな。おもしろさより嫌いが勝つのが女」「この2つで横澤が圧勝する価値観で審査されるのなら、もうチャンネル変える」
「これどっちがおもしろいじゃなく、女がどちらを好きかだけの判定だろ。やっぱ審査員は一般人じゃダメだわ」と怒りの声が殺到することに。

今回、松本たちも爆笑していたことで、紺野のネタは男ウケは抜群のようだ

http://dailynewsonline.jp/article/1606128/
2018.12.11 14:25 アサ芸プラス




【松本人志がネタを絶賛も「THE W」で紺野ぶるまが初戦敗退となったワケ】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。

no title

1: 芸人速報 2018/12/10(月) 23:03:04.36 ID:CAP_USER9
 女芸人No・1を決めるコンテスト「THE W」の決勝が10日、日本テレビで放送され、阿佐ヶ谷姉妹が2代目女王に輝いた。

 決勝は10組が参加し(第1試合)ゆりやんレトリィバァ、あぁ~しらき(第2試合)吉住、ニッチェ(第3試合)根菜キャバレー、合わせみそ(第4試合)横澤夏子、紺野ぶるま(第5試合)阿佐ヶ谷姉妹、紅しょうがが直接対決。一般審査員401人によるジャッジで、あぁ~しらき、ニッチェ、合わせみそ、横澤夏子、阿佐ヶ谷姉妹の5組が最終決戦に進んだ。

 最終決戦では5組がくじを引き、阿佐ヶ谷姉妹、あぁ~しらき、ニッチェ、合わせみそ、横澤夏子の順でネタを披露。審査で最多票を獲得した阿佐ヶ谷姉妹が優勝を飾った。

 初代女王ゆりやんレトリィバァが連覇を目指したが、決勝第1試合で涙をのんだ。

 優勝者には昨年同様賞金1000万円と日本テレビ系のレギュラー番組の視聴率計100%分の番組出演の権利が与えられるほか、今年から新たに同局系列の冠番組を持てる権利も加わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000150-spnannex-ent




【阿佐ヶ谷姉妹が2代目女王に!女芸人No・1決定戦「THE W」】の続きを読む

3個のツッコミがあるで。

THE W 2017

1: 芸人速報 2018/12/10(月) 22:26:28.84
決勝ですら48メンバーよりつまんねーんだけど
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured




【【悲報】「女芸人No.1決定戦 THE W」に出てる女芸人のレベルが低すぎるんだがwwwwwwww】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/12/03(月) 12:09:45.44 ID:CAP_USER9
https://natalie.mu/owarai/news/310448
2018年12月3日 5:00

“一番面白い女性”を決める大会「女芸人No.1決定戦 THE W」の対戦カードが決定した。

第1試合ではゆりやんレトリィバァとあぁ~しらき、第2試合では吉住とニッチェ、第3試合では根菜キャバレーと合わせみそ、第4試合では横澤夏子と紺野ぶるま、第5試合では紅しょうがと阿佐ヶ谷姉妹が激突。勝者5組がファイナルラウンドでネタを披露する。

また大会の“ブレイクサポーター”に志尊淳が就任することも明らかになった。ブレイクサポーターとは、女性芸人の活躍を応援し、2代目女王誕生の瞬間を見届ける役割。志尊は「準決勝を観させていただき、会場の空気や一体感など、一般審査員でもあるお客さんをどれだけ味方につけられるかというのがすごく重要になると感じました。僕ができることはスタジオの雰囲気作りだと思うので、一視聴者の気持ちで楽しみながらファイナリストの皆様をサポートしたいと思います」とコメントしている。

♦女芸人No.1決定戦 THE W
日本テレビ系 2018年12月10日(月)20:00~22:54
<出演者>
MC:チュートリアル徳井 / 水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
ブレイクサポーター:志尊淳
紺野ぶるま / 合わせみそ / 紅しょうが / 横澤夏子 / 吉住 / あぁ~しらき / 根菜キャバレー / 阿佐ヶ谷姉妹 / ゆりやんレトリィバァ / ニッチェ






【第2回女芸人No.1「THE W」の対戦カード決定、第1試合はゆりやんVSあぁ~しらき】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報