お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人やギャグ漫画、笑えるニュースなど笑いに関するネタを中心にまとめているブログです。

女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)

2個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/07/23(月) 05:06:12.57 ID:CAP_USER9
2018-07-23 05:00
『女芸人No.1決定戦』今年も開催 初代女王・ゆりやんが連覇狙う

 ピン芸人・ゆりやんレトリィバァが初代女王に輝いた、日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』が今年も開催される。このほど、都内で行われた会見に出席したゆりやんは「今年も出ます! 去年の時点から決めてました」と宣言した。

 大胆な水着姿で早くも先制パンチ。この日の会見で一番のインパクトを残すと「優勝して変化もありました。私、90歳のおばあちゃんにやっと認めてもらいました」と喜びを語り「プレッシャーに負けず、自分らしく楽しみたい」と、連覇に意欲を示した。

 会見にはそのほか、昨年ファイナリストの牧野ステテコ、押しだしましょう子、はなしょー、紺野ぶるま、まとばゆう、どんぐりパワーズ、優勝が有力視されるおかずクラブ、ガンバレルーヤ・まひるも出席。

 昨年準優勝の牧野は「バイトを辞められた」と、うれしい報告をする一方で「3ヶ月後はどうなるか分からない危ういところにある。それを心配しなくていいようにしたい」と切実に吐露。ポールダンス芸で爪痕を残したが「ネタが全然できてない。ポールは玄関に置いておこうかなと。新しいネタに挑戦中だけど、スベっちゃってて…。頑張るっす!」と気炎を上げた。

 鳥取市役所勤務という異色の経歴ながら、昨年ファイナリストに名を連ねた押し出しましょう子は「今年で芸歴3年目。集大成として、最高に面白いネタを作って、決勝に行くことが目標」と気合十分。仕事については「来年3月までが任期。それまでは鳥取で働こうと思ってます」と明かしていた。

 初の決勝進出を狙うガンバレルーヤ・まひる。ゆりやんと同期とあって「すごく刺激を与えてくれた」といい「世間的にネタのイメージがなく、顔だけで売れたと思われてる。しっかりとネタが出来るというところを見せたい」と並々ならぬ思いをにじませた。

 女性という参加条件を満たせば、プロアマ、芸歴、人数、年齢を問わない、自由度の高い“女芸人の祭典”。漫才、コント、一人芝居、モノマネ、パフォーマンスなどジャンルは何でもアリの“異種格闘技戦”で、優勝賞金1000万円と「女芸人No.1」の称号をかけて熱い火花を散らす。

 司会は昨年に引き続き、チュートリアル・徳井義実、水卜麻美アナが務める。エントリーはきょう23日から9月10日まで受け付け、9月22日から予選がスタート。1回戦、2回戦、準決勝を経て、決勝は12月に同局で生放送される。


(左から)水卜麻美アナ、徳井義実 (C)ORICON NewS inc.


日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』 (C)ORICON NewS inc.


https://www.oricon.co.jp/news/2115934/full/


【『女芸人No.1決定戦』今年も開催 初代女王・ゆりやんが連覇狙う】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/12/12(火) 09:17:23.01 ID:CAP_USER9
今年新設され、ゆりやんレトリィバァ(27)が初代女王に輝いた11日のお笑いコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W 2017」(日本テレビ系、後8・00)の平均視聴率は13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

賞金1000万円を懸け、漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスのジャンルを問わない「異種格闘技戦」に挑んだ。
ニッチェ、アジアン、牧野ステテコ、まとばゆう、ゆりやんレトリィバァの5組がファイナルラウンドに進み、最終投票でダントツの201票を獲得したゆりやんレトリィバァが優勝した。

審査員は柴田理恵(58)新川優愛(23)生瀬勝久(57)ヒロミ(52)吉田沙保里(35)若槻千夏(33)のゲスト審査員6人と、番組ホームページで募集した一般審査員395人の計401人。
副音声はダウンタウンの松本人志(54)と放送作家の高須光聖氏(53)が担当した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000086-spnannex-ent

賞金1000万円を獲得したゆりやんレトリィバァ



【「女芸人No.1決定戦 THE W」高視聴率13・1% ゆりやんレトリィバァがV 】の続きを読む

20個のツッコミがあるで。

THE W 2017

1: 芸人速報 2017/12/11(月) 23:05:04.15 ID:CAP_USER9
https://www.oricon.co.jp/news/2102157/full/
2017-12-11 22:50

史上初となる女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)が11日に生放送され、ゆりやんレトリィバァが初代王者に決定した。
エントリー総数636組の頂点に立ち、優勝賞金の1000万円と副賞である同局のレギュラー番組に合計視聴率100%出られる権利「日テレ100%券」(原則1番組1回、有効期限は1年間)を獲得した。

 決勝は、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァ(ネタ順)の10組が出場。
ファーストラウンドは1対1の戦いを5組で実施し、勝ち上がった5組(ニッチェ、アジアン、牧野ステテコ、まとばゆう、ゆりやんレトリィバァ)によるファイナルラウンドで初の『笑いの女王』の座を賭けて女芸人たちが激突した。

 「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を謳う同大会。ファイナリスト10組が、史上初となる女芸人No.1の称号をかけて漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスで“異種格闘技戦”を展開。
ダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖氏による、ラジオ番組『放送室』コンビが副音声で戦いの様子を見守った。

 今大会のMCはチュートリアルの徳井義実、同局の水卜麻美アナウンサー、俳優の間宮祥太朗が担当。
ゲスト審査員には柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏の6人に加え、番組ホームページで応募された一般審査員395人の計401人で審査。
一人につき1票を持ち、ファーストラウンドは対戦の2組を2択でジャッジ。ファイナルラウンドは、勝ち上がった5組の中から一番面白かった1組を審査員が5択で審査した。

■『女芸人No.1決定戦 THE W』ファーストラウンド(※左が先攻、右が後攻 カッコ内は票数)
1.はなしょー(116) ニッチェ(285)
2.アジアン(300) 紺野ぶるま(101)
3.中村涼子(190) 牧野ステテコ(211)
4.まとばゆう(286) 押しだしましょう子(115)
5.どんぐりパワーズ(56) ゆりやんレトリィバァ(345)

最終投票数
1位:ゆりやんレトリィバァ(201)
2位:牧野ステテコ(89)
3位:アジアン(47)
4位:ニッチェ(33)
5位:まとばゆう(31)


【初代女芸人No.1はゆりやんレトリィバァ 『『女芸人No.1決定戦 THE W』』636組の頂点に 】の続きを読む

2個のツッコミがあるで。

THE W 2017

1: 芸人速報 2017/12/10(日) 06:03:28.27 ID:R25ox6DS0
絶対失敗するわ



■決勝進出者
はなしょー vs ニッチェ
アジアン vs 紺野ぶるま
中村涼子 vs 牧野ステテコ
まとばゆう vs 押しだしましょう子
どんぐりパワーズ vs ゆりやんレトリィバァ」

■審査員
柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏、一般審査員395人

■副音声
松本人志、高須光聖


【【THE W】今日、日テレでやる女芸人決定戦のメンバーwwwwww】の続きを読む

2個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/11/23(木) 04:54:04.77 ID:CAP_USER9
2017-11-22 23:26

アジアン『女芸人No.1決定戦』決勝進出 2年8ヶ月ぶりテレビ出演へ

 日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』の準決勝が22日、東京・ルミネtheよしもとで行われ、はなしょー、中村涼子、どんぐりパワーズ、牧野ステテコ、押しだしましょう子、まとばゆう、ニッチェ、ゆりやんレトリィバァ、アジアン、紺野ぶるま(エントリー順)の10組が決勝進出を決めた。

 アジアンのツッコミ担当の隅田美保は、コンビとしての劇場漫才などは続けているが、婚活に専念するため2015年4月からテレビ出演などの仕事をセーブ中。決勝進出の名前を呼ばれると、「お久しぶりでございます」と笑顔。
コンビとして久々のテレビ出演とあって相方の馬場園梓は「漫才をやらせてもらってますが、その姿をテレビで見てもらえるのがうれしい。楽しんでやりたい」と気合十分に意気込んだ。

 同じく決勝進出となるニッチェの江上敬子は「本当にこういう場に立てて、二人でネタを作り続けてよかった!」とガッツポーズ。
アマチュア出場の押しだしましょう子は「現在、鳥取市役所で勤めております」と告白して報道陣を驚かせ「お客様がすごい笑っていて、たくさん涙を流したので放心状態です。
鳥取に引っ越して、鳥取の人に出会ったおかげ。ここに来る時も鳥取の人に暖かく見送ってもらった…」と涙ながらに喜びを語った。

 「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を謳う同番組では、史上初『女芸人No.1決定戦』を開催。
漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスで“異種格闘技戦”を展開。
優勝者には、史上初となる『女芸人No.1』の称号と優勝賞金1000万円、副賞として日本テレビの全レギュラー番組の“合計視聴率100%分”出演権が贈られる。
決勝は、12月11日に日本テレビ系で放送される。


『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝進出したアジアン (C)ORICON NewS inc.


『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝進出したファイナリスト10組


https://www.oricon.co.jp/news/2099028/full/


【アジアン『女芸人No.1決定戦』決勝進出 2年8ヶ月ぶりテレビ出演へ 】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報