アクセスランキング

お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人やギャグ漫画、笑えるニュースなど笑いに関するネタを中心にまとめているブログです。

おもしろ芸能人

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2019/02/16(土) 11:24:13.86 ID:EWjmHvC+9
昨年“やらせ騒動”に揺れた日本テレビ系の看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)に、再び困った事態が起きている。
レギュラー出演中のデヴィ夫人(79)のヤル気が日増しに高まり、過酷なロケを熱望。
同番組の新年会では、イモトアヤコ(33)が出演するロケを自分に譲るよう交渉しようとしたという。
夫人の年齢を考えれば万が一の事態も起こりかねないだけに、スタッフも頭を抱えるばかりだという。

昨年の年間視聴率で全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7時~午後11時)、ゴールデン(午後7時~午後10時)を制し、
5年連続の3冠を達成した日テレ。今年も勢いは衰えず、1月の月間視聴率でも3冠を獲得した。
その原動力となったのは、同局の看板バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」だ。

とはいえ、同番組は昨年11月に、人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」でヤラセ疑惑が浮上(同局は否定)し、このコーナーを休止した。
番組の存続自体が危ぶまれたが、現在も放送中だ。

それでも1月第4週(27日)の放送で「その他娯楽番組」部門トップの視聴率となる20・5%をマーク(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。相変わらずのドル箱ぶりを見せている。

「やらせ疑惑が報じられてから、出演者たちのモチベーションはむしろ上がっている。5日に行われた今年のイッテQの新年会でも『より面白い番組にしよう』と盛り上がっていた」(関係者)

そんな出演者の中で、がぜんヤル気になっているのが、不定期レギュラーのデヴィ夫人だという。

6日に行われた自伝の出版イベントで夫人は、真剣な表情で「今、イモトアヤコさんがライバル」と告白。
「私がしたいこと、私が行きたいところをイモトさんが全部やっちゃっているから」と、同番組で世界中で過酷なロケをこなすイモトに対抗心を燃やした。

「実は今年の新年会で、デヴィ夫人はイモトに面と向かって、“海外ロケを少し譲って”と言おうとしていたんです。
でも同じ会場にいたにもかかわらず、イモトを探し出せなかったようで。
実はこの時、イモトはトレードマークの“太眉メーク”をしておらず、収録でしか会ったことのないデヴィ夫人は、本人を見ても分からなかったとか(笑い)」(関係者)

ただ、デヴィ夫人がいくら体を張ったロケもそつなくこなすといっても、イモトのコーナーはやはり難しい。あまりに過酷すぎて年齢的にも危険性が高まるだけに、制作サイドも慎重にならざるを得ないという。

「本人が『大丈夫』と言っても万が一が起きてしまったら抗議が殺到するでしょうし、やらせ疑惑どころの騒ぎじゃありません。
今のご時世、収録中のケガなど、出演者の安全に局サイドは非常にナーバスになっている。たとえ元気でも、79歳の女性に無理をさせることはできませんよ」(日テレ関係者)

それでもデヴィ夫人の情熱は衰え知らず。1月6日に放送された同番組の米国・ロサンゼルスロケで、出川哲朗らと体を張ったバブルボールに挑戦したが、そのシーンが丸々カットされてしまい激高。
男性ディレクターにおかんむりで「アナタとはもう絶対にやりません!」などと怒りをあらわにしたことも、番組で明かされた。

やらせ疑惑が降りかかった番組に、少しでも貢献したいとの熱い気持ちは分かるだけに、現場も悩ましい限りだ。

https://news.nifty.com/article/entame/12275/12275-193050
2019年02月16日 11時00分 東スポWeb




【【イッテQ】デヴィ夫人(79)がイモトのようなロケ熱望でスタッフを困らせてる模様】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2019/02/11(月) 14:18:49.43 ID:8Yy5t61O9
「俳優なのに芸人より面白い」との風を吹かせ、タレントと役者を都合よく使い分ける“ハンパ者”ムロツヨシが、ネット上で“火ダルマ”と化している。

引き金となったのは、2月1日、ムロが自身のツイッターに投稿した、

《このときに、つぶやかないような関係ではないんです、 つぶやきます、》
《目を見て、悪いことをした、と言ったら、思いっきり、叱ります、 嫌というほど、叱ります、》
《こっから、また、応援しよう、 (^^)、》

などの文章。この日、ムロがかねて大の仲良しだと公言していた俳優・新井浩文が強制性交容疑で逮捕されたため、ネット上では「新井を指したツイートでは」とみられていた。

しかし、のんきに顔文字まで使った一連のツイートには「事件の重大性を知れ」「犯罪者を擁護するのか」「被害者への配慮が足りない」と批判コメントが殺到。旗色が悪くなったと感じたムロは、

《このつぶやきは、アジアカップの決勝戦を見て、代表への思いでした》

と謝罪コメントをツイートしたが、こちらも「言い訳がましい」「絶対ウソ」「代表を言い訳に使うなんてダサ過ぎる」とさらなる炎上を招いてしまった。

この醜態は1週間以上たっても尾を引き、ネット上では“ムロたたき”の流れが形成されることに。しかし、ここまで見事に“流れ”が出来上がるのは、ムロの潜在的な好感度が低かったことに他ならない。


卑しいアピールを見透かされたことも

「ここ数年で一気にブレークしたムロですが、それも各メディアが推し始めたからにすぎず、人気が出て売れた訳ではありません。容姿の悪さをカバーすべく個性派俳優として生き残る道を選んだようですが、それもオーバーな演技や芸人気取りのノリで構築したもので、『寒い』と嫌悪感を抱く人はかなり潜んでいました」(芸能ライター)

また、新井に対してと同様の“仲良しアピール”が鼻につくとの声も多い。

「ムロは小栗旬、菅田将暉、山﨑賢人などのイケメン俳優と交流が深く、生田斗真、松本潤、堂本剛といったジャニーズタレントと仲が良いことも、事あるごとにアピールしています。しかし、こうしたエピソードをテレビで明かすたび、視聴者からは『イケメンと仲良くして自分もイケメン気取り』『スターの仲間ぶってる』と失笑されているのです」(テレビ雑誌編集者)

そんな“イケメン金魚のフン”のムロだが、2017年の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にて、オダギリ・ジョーとだけは距離を縮められなかったと振り返っている。

ムロはオダギリと同い年ということもあり、以前共演した際「おい、ジョー」とフランクに呼び捨てしていたそう。しかし、3日ほどたつと「ジョー、ジョーって親しく呼んでますけど、俺許してませんからね?」となれなれしさを指摘されたのだという。

「きっとオダギリには、人を看板として利用するムロの卑しさが透けて見えたのでしょう。しかし、本人不在の番組で悪者に仕立てるとは、オダギリからすればいい迷惑ですね」(同・編集者)

こうした「お調子者」体質が知られるにつれ、ネット上で“ムロたたき”が醸成されるのは必然だったのかもしれない。ムロは嫌われ者として“覚醒”しただけのようだ。

https://myjitsu.jp/archives/75013




【ムロツヨシの『大炎上』…原因と指摘される「お調子者」体質とは】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。



1: 芸人速報 2019/01/06(日) 23:40:45.01 ID:0pWehKPp0
ほんときらい




【三大俺お笑い分かってます感出してる俳優「大泉洋」「佐野二郎」「ムロツヨシ」「星野源」「宮迫博之」】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。



1: 芸人速報 2019/01/01(火) 01:16:37.98 ID:H/WLJXIn0
今年もいきなり全開で草




【大泉洋、バカリズム、ムロツヨシらの「俺芸人より面白いしょ?」的雰囲気】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報