お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人の情報を中心にまとめているブログです。

      

    エピソード

    1: 2017/05/23(火) 10:41:26.74 ID:CAP_USER9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/23/0010214648.shtml

    お笑いタレントのイモトアヤコ(31)が22日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。
    デヴィ夫人にガタガタの歯並びを「バケモノ!」と言われたことがきっかけで、人工の歯を埋め込むインプラント治療を受けたことを明かした。

     「イッテQ!」の海外ロケで現在は「(年の)半分は海外、半分が日本」という生活を送り、5月は日本に6日間しか滞在できない多忙ぶり。
    つかの間の日本でのオフについて聞かれると「歯医者とか整体とかメンテナンスに通ってます」と話し、「最近、インプラントをやってて」と告白した。

     もともと八重歯がトレードマークだったが、海外ロケで虫歯がひどくなると、虫歯になった歯を強引に抜いてしまう“治療”のせいで、さらにガタガタ状態に。
    「ネパールとルワンダで(抜かれた)。向こうは(虫歯になると)即刻、『抜きましょう』。麻酔もなく、本当に痛かった」と振り返った。

     「もともとガタガタだった」歯並びだが、インプラントのきっかけはデヴィ夫人。「デヴィ夫人に“ド正面”で『このバケモノ!』って言われて。もうショックで。治さなきゃ、って」と決意したことを明かしていた。

    芸人速報


    【イモトアヤコ デヴィ夫人に「バケモノ!」と言われインプラント治療】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 09:40:56.54 ID:CAP_USER9
    19日放送の「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)で、ビートたけしが、80年代の漫才ブームで稼いだ200億円以上という収入のウラ話を明かした。

    番組では「スゴ腕仕事人の給料はいくら?」と題したテーマで、古民家の解体業者や、競走馬の歯科医といった、知られざる仕事人の給料を取り上げた。
    この話題で、ゲストの高須クリニック院長の高須克弥氏とたけしは、高額納税トークで盛り上がる。

    たけしが、自由診療で施術をする高須氏に「先生なんか、(税金で給料の)55%持っていかれるんじゃないの?」と迫ると、
    高須氏は「1番ひどい時は(年収の)90%でした」と明かし、共演者を驚かせた。
    すると、たけしも「オレも80(%)ぐらいいったことある」と、自身の税金額を振り返った。

    ギャラの額に比例して税金額は上昇することについて、たけしは「だって年間、オレ漫才だけで200何億(円)稼いだことあるもん。そんとき、180億ぐらい(税金で)持って行かれたよ!」と明かし「そんなのある!?」と怒り混じりに声を荒げた。

    たけしが、社会現象になった80年代の漫才ブーム時代の高額所得を告白し、共演者がため息を漏らす中、
    高須氏も「それで、10%ぐらい(税金の)払う分が少ないと、マルサ(国税局の査察官)が来ますもん」と、実体験を明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13087491/

    ビートたけし
    芸人速報


    【ビートたけし、高額納税に恨み節「200億円稼いで、税金で180億持って行かれた」】の続きを読む

    1: 2017/05/12(金) 06:43:24.19 ID:CAP_USER9
    11日放送の『アメトーーク』(テレビ朝日)に渡辺直美が出演。アメリカ・ニューヨークに留学中のエピソードを語った。

    この日の放送は「アメリカかぶれ芸人」特集。ビヨンセのモノマネからブレイクし、NY公演を成功させたりワシントン・ポスト紙に取り上げられたりと世界を股にかけている渡辺だが、
    初めてニューヨークに渡ったときには冷たくはっきりと物を言うニューヨーカーたちにショックを受けたのだとか。

    そんな渡辺は、ニューヨーク滞在中良く言われた言葉が「ガリガリ」だったと告白したが、この告白にスタジオからは「ガリガリじゃないやろ~」という声が。
    「ホント!私より100倍くらい大きい人とか歩いてますからね!」と力説しても、「直美ちゃんの100倍大きいっていったら建物や!」と宮迫博之にけんもほろろに言われてしまう一幕も。
    しかし実際にNYでは、渡辺が「太っていて大変なんだよね~」とでもいうと必ず「は?あんた何いってんの」と言われていたのだそう。 
    通っていた学校の先生には「あんたなんか超ガリガリだし、自信持っていっちゃえば良くない~?自分が良ければいいじゃん!」と励まされていたと渡辺は明かした。

    また、アメリカ公演で最高に受けたというマシュマロキャッチも披露。
    実際の公演では希望者をステージに上げてマシュマロを投げてもらい、
    それを渡辺が口でキャッチすると「自分でもひくくらい」アメリカ人の観客たちが笑い転げていたと語った。

    http://dailynewsonline.jp/article/1309558/
    2017.05.12 03:10 RBB TODAY

    芸人速報


    【渡辺直美、アメリカでは「超ガリガリ、自信持ちなさい」と言われていたと激白】の続きを読む

    1: 2017/05/07(日) 17:18:53.91 ID:CAP_USER9
    7日放送のラジオ番組「日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之が、見ず知らずの一般人を、実家に宿泊させた過去を明かした。

    オープニングトークで土田は、お笑いコンビ時代に担当していた同局の番組でのエピソードを振り返っていた。
    若かりしきころの土田はある時、常連ハガキ職人の高校生と偶然にも営業先で出会ったそうだ。

    すると土田はその高校生に、翌日に同番組がお台場で主催する「ハガキ職人向けのイベント」に参加するかを尋ねると、
    地元の郡山に戻らなくてはならず、明日再び上京する資金がないという。
    そこで土田は、初めて顔を合わせたこの高校生に対して実家に泊まるよう提案。
    「今日泊めるんで」と、自ら高校生の親に説明し、翌日のイベントに一緒に行くという気遣いまでしたというのだ。

    だがそのイベント後、この高校生以外にも2名のハガキ職人が結局帰れなくなった。
    それを知った土田は、また実家に来ればいいと提案したとか。
    だが、他のハガキ職人がそれを知って不平をこぼし始めたということから、土田は「みんな(ウチに)来いって言えよ!」と豪語する。
    結果、見ず知らずの10人が実家の最寄り駅に集まり宿泊していったということだった。

    土田は一連の出来事を語りつつ、「芸能人としてはダメだよね」「こっちも若かったからさ」と苦笑しつつ、このときは「いい時代」だったと漏らしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13030558/
    2017年5月7日 17時15分 トピックニュース


    【土田晃之 見ず知らずの一般人を実家に泊めた過去「芸能人としてはダメだよね」】の続きを読む

    1: 2017/02/09(木) 17:49:56.12 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビのサンドウィッチマンが9日、東京・ベルサール秋葉原で「パチスロ キン肉マン~夢の超人タッグ編~」プレス発表会に出席した。

     雪が舞う屋外特設ステージでの開催で、取材陣もブルブル。富澤たけし(42)も開口一番「まさか屋外でやるとは…」と苦笑い。司会者から「トークで会場を暖めて」と振られたが、伊達みきお(42)は「無理でしょ」と冷静に一蹴した。

     国民的人気コミックの新パチスロ機。2人は大のキン肉マン好きとして知られ、伊達は「最初はコンビ名もキン肉マンにしたかった。マンだけ残して仕方なくサンドウィッチマンでやってます」と裏話を披露。この日は平成29年2月9日、肉年の肉の日とあって「2時9分にビーフジャーキーを食べてきました」と笑わせていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000124-sph-ent


    【サンドウィッチマン、コンビ名本当は「キン肉マンにしたかった」】の続きを読む