お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    ブリリアン

    父親との「闘い」

    no title


      今年大ブレークしたブルゾンちえみ(26)の後方に立つ男2人がwith B。向かって右側のダイキ(30)は、浜松市で生まれ育った。左側のコージ(29)とお笑いコンビ、ブリリアンを組んで活動している。イケメンで俳優も志しているが、ここに至るまでには父親との「闘い」があった。日刊スポーツにその胸の内を語った。


    日刊スポーツ:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-01885178-nksports-ent


    【ブルゾンちえみwith Bでブレイク、ブリリアン・ダイキ(30)「今も父に怒られる」】の続きを読む


    げにそく

    1: 2017/08/16(水) 00:59:38.79 ID:CAP_USER9
    8月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、人気お笑い芸人のブルゾンちえみが出演した。
    番組では地元岡山で行われるライブに番組が密着。高校時代の恩師と再会し「成績は常にトップクラスだった」と意外な一面が語られた。

    ブルゾンちえみは、高校卒業後、島根大学教育学部へ入学。
    一家が教員をしていたことから彼女も学校の先生を目指していたのだろう。
    だが3年次に中退し、岡山での劇団、大阪での音楽活動を経て上京する。
    現在の所属事務所であるワタナベエンターテイメントの養成所に入るが、ここでも当初は歌手志望だった。
    だが、スタッフのすすめにより、在学中にバラエティコースに移りデビューを果たす。

    女芸人の世界はいまや大卒は珍しくなく、高学歴の持ち主も多い。

    「ブルゾンにおなじくワタナベエンターテインメント所属であり、ヒラリー・クリントンのものまね芸で知られる、石井てる美はなんと東京大学卒です。
    大学院まで進み発展途上国のインフラ整備を専攻。芸人になる前はマッキンゼー・アンド・カンパニーで働いていたことも話題となりました。
    TOEIC990点(満点)、英語検定1級を取得し、英語を生かした芸も披露していますね」(放送作家)

    石井が芸人を志したきっかけは「人生は一度きり、好きなことをやろう」というから思い切りが良い。さらに、コンビそろって高学歴な女芸人もいる。

    「光浦靖子と大久保佳代子によるオアシズですね。光浦は、東京外国語大学のインドネシア語学科に8年通い卒業しています。
    相方の大久保佳代子も千葉大学卒業です
    。2人は小学校の同級生、そろって上京し早稲田大学のお笑いサークル、寄席演芸研究会に所属していました。
    当初は光浦だけが注目され、コンビは解散状態となりましたが、現在は大久保さんもブレイクしています。
    そのきっかけとなったのが『めちゃめちゃイケてるっ!!』(フジテレビ系)で、得意の中国語を活かし、
    台湾出身のマッサージ師・ホァンさんを演じたことですね。頭の良さを生かしたネタといえるでしょう」(前出・同)

    現在は芸人そのものの数が飽和状態にある。
    高学歴だけでなく、プラスαのアピール材料となるネタや、キャラクターが求められるといえるだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1345050/
    2017.08.15 22:00 リアルライブ


    【成績トップのブルゾンちえみ、実は高学歴女芸人】の続きを読む

    1: 2017/05/13(土) 14:24:33.02 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1686461
    2017.05.13 08:22

    ブレイク中の女性お笑いタレント・ブルゾンちえみと共に「ブルゾンちえみ with B」として活動するお笑いコンビ・ブリリアンの2人に、
    12日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ」(毎週金曜よる9時~)にてテレビ初ドッキリが仕掛けられた。

    セクシーな表情で“イイ女”ネタを繰り出すブルゾンの両脇で“イイ男”を演じる、金髪の徳田浩至(コージ)と黒髪の杉浦大毅(ダイキ)の2人は、2016年にデビューしたブルゾンの1個下の後輩。
    しゃべる姿をほとんど見ることがない、無感情キャラのwith Bの素顔を探るべく、ブルゾンが仕掛け人となった。

    ドッキリの内容は、「もしブルゾンが打ち合わせと違うネタを始めたら?」。楽屋でブルゾンから「35億のネタで」と伝えられるが、偽のネット番組生放送でブルゾンがカレーネタを始めてしまう、というもの。

    カレーネタではそれぞれ背中に「甘口」、「辛口」と書かれていなければいけないのだが、with Bの2人は自分たちで「35」「億」を書き、スタンバイ。
    カレーネタに必要な花束や指輪などの小道具などももちろん一切準備していなかった。

    そのまま偽の生放送は進み、2人は表情をこわばらせながらも結局ネタに合っていない背中の「35」「億」を見せてしまった。

    そして、偽の出番終了後、楽屋で「カレーって言ったよな?」「最近ちょっとボーっとしてる!」と理不尽な怒りをぶつけるブルゾンに対しても全く言い訳せず、
    ブルゾンが部屋を出て2人きりになっても、コージは「今ちょっと忙しいからな、ブルゾンさんも」と気遣い、ダイキも「自発的にならんといけなかったかもな」と自らを反省し、ブルゾンを全く責めなかった。
    この2人の対応をスタジオは絶賛、アンタッチャブル山崎弘也は「めちゃめちゃイイ子たちだな!」と感心した。

    ブルゾンはドッキリを終えて、「絶対私のせいにしなかったんですよ。そんなに一生懸命やってくれてるんだって思ったらちょっとウルッて…。いいドッキリでした」と感想を語った。

    放送終了後には、Twitterにも「2人ともいい人すぎる」「中身までイケメン!」「好感度がめっちゃ上がった」「2人の優しさや思いやりにほっこりした」などとwith Bへの称賛の声が続々上がっている。
    (modelpress編集部)

    芸人速報

    芸人速報

    芸人速報


    【ブルゾンちえみの両脇「with B」は中身までイケメンだった ドッキリでの“神対応”が話題】の続きを読む