お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    女芸人

    1: 芸人速報 2017/10/13(金) 20:26:18.52 ID:CAP_USER9
    お笑いタレントのキンタロー。が10日にブログで、社交ダンスの大会「ドイツ・ジャーマンオープン2017」に出場した時の思い出をつづっている。




    バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の企画で、社交ダンスで世界大会に挑戦中のキンタロー。
    キンタローはブログで、8月に行われたドイツ大会であるジャーマンオープンの様子をレポートしている。

    「ジャーマンオープンでは、かかる曲が日本よりも とても長くて、、、 自分の持ってる体力以上のものを出したので 最後、手が震えてました」
    「そして全身筋肉痛 涙、、」とつづり、背中一面とふくらはぎに湿布を張っている写真を公開。痛々しい姿であるが、ウエストのくびれが美しい一枚だ。

    また、翌朝にドイツの田舎町を散歩している様子や、ホテルの豪華な朝食バイキングをたくさん食べている様子を公開し、
    「せっかく痩せたのに、 せっかくドイツに来たのだから ドイツのスイーツ食べて見たい欲に負けて 拍車がかかってしまい。。 うまかった」とも。

    ファンからは「ダンスにとても真摯に向き合い大学の頃からの夢に再度向かって頑張っている姿を見て、とても素敵に思いました!」
    「旦那さんと2人で見ましたが感動と興奮とで涙が出そうになりました。あんな気持ちになったのは久しぶりでした。」
    「大会お疲れ様でした!!!めっちゃハードだったと思うけど二人共本当に素敵だったよ」といった声が寄せられている。

    キンタロー。は前後のブログ記事でも大会の様子をレポートしており、試合前の日本メンバーでの集合写真や、試合後の授賞式の写真を投稿している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13744297/
    2017年10月13日 18時30分 AbemaTIMES


    【キンタロー。社交ダンス・ドイツ大会の思い出振り返り、全裸湿布写真も公開 】の続きを読む


    no title

    1: 芸人速報 2017/10/16(月) 20:04:15.84 ID:CAP_USER9
    日本テレビは16日、12月に決勝を生放送する「女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」に出場を予定していた山田邦子(57)が辞退したと発表した。

    この日、急きょ所属事務所の太田プロダクションからキャンセルの連絡があった。この日は中目黒キンケロ・シアターで予選1回戦があり、山田はEグループで出場予定だったが、取りやめた。

    辞退の理由について、太田プロによると「マネジメント側の(山田)本人への番組主旨の説明不足があった」という。
    大会の認識に誤解が生まれ「それなら“出られない”となりました」と説明した。

    今月9日に参戦が発表された際、山田は「女だけが集まる大会は面白そう!!」という理由でエントリーを決めたといい「やる気は925(くにこ)パーセント! ワクワクしてます!」と意気込み。
    現在、ラジオの生放送で7分間の新作ネタを毎週披露しており「その中で一番面白いネタ」を今大会で繰り出す予定だった。

    いま乗りに乗っている女性芸人たちの中から「一番面白い女性芸人を決める大会を!」という声を受け、同局で史上初となる祭典の開催が決定。
    賞金1000万円を懸け、出場者たちは漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスのジャンルを問わない「異種格闘技戦」に挑戦する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13755945/
    2017年10月16日 18時53分 スポニチアネックス


    【山田邦子「女芸人NO.1決定戦」急きょ辞退…事務所側が「番組主旨の説明不足」 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/10/14(土) 16:17:23.56 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・尼神インターが14日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(15日まで)内で映画『ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ』の舞台あいさつに登壇。
    ブサカワなフェイスで人気を集めている誠子がモテるための技術を明かした。

    同作は吉本新喜劇の浅香あき恵が主演。演じるのは、3人の男性を殺害した容疑で逮捕された60歳独身女性・佐野よしえ。
    殺人ではなく、よしえに惚れ込んだ男性たちが四角関係のもつれにより殺し合ったと、無罪を主張する物語。

    映画には出演していないが、同じ吉本に所属する女芸人として舞台あいさつに登壇した誠子は
    「どうも。顔がデカ過ぎる女の尼神インターの誠子です」と自己紹介。ベレー帽を被ったせいで、おでこが全開となり、通常よりも顔の大きさが目立つ
    。誠子は「オシャレでやったのがアダとなった」と自虐し、相方の渚は「よりほんこんさんに近づいたね」とイジった。

    主演のあき恵にキスシーンが3度もある本作。誠子は「あき恵姉さんは希望の光。美人じゃなくても、あんなにキスシーンがもらえるんだ。うらやましかった」と羨望の眼差しを送った。
    「初めてのビジネスキスはアインシュタインの稲田(直樹)さんやった。それがトラウマ。次は絶対に映画とかでイケメンとしたい」と夢見た。

    映画では恋愛テクニックをいくつも披露している。その流れでモテ技についてのトークに。誠子は「ボディタッチは大事」と力説。なんでも自ら触るより、触らせる方が効果が高いという。
    MCの清水けんじを相手役に設定し「最近、ジムに行って鍛えてるんです。ちょっと、ここ(お腹)触ってもらっていいですか」とお腹を触らせると、
    最後は「こしょばい(くすぐったい)」とかわいらしいポーズをしてみせた。
    「しばいたろか」と言いながらもデレデレだった清水を横目に、「ボディタッチさせるというのはテクニックですね」と自信ありげな表情を見せた。

    また、芸能生活40年となったあき恵は「今は新喜劇もかわいい子が多い。
    アイドル顔負けのべっぴんさんがいっぱい。だから私のブサイクも引き立つ」と笑わせつつ、
    映画初主演については「ドッキリだと思った。こんな大掛かりなことすんねんな、とずーっと思ってた」と振り返っていた。
    キスシーンについては1日で3人と行ったことを明かし「パパ(Wヤングの佐藤武志)になかなか言えなかった」と照れくさそうに語った。

    そのほか、北村誠之監督、山田花子も登壇した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13747696/
    2017年10月14日 16時1分 オリコン






    【尼神インター誠子・モテ技術を公開「ボディタッチをさせる」 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/10/14(土) 07:38:54.41 ID:CAP_USER9
    「キングオブコント2017」優勝の「かまいたち」と準優勝の「にゃんこスター」が13日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなうSP」(金曜・後9時)に出演した。

    「本音でハシゴ酒」のコーナーに登場した2組。「ダウンタウン」松本人志(54)に「本当は優勝のかまいたちだけでも良かったのに、スタッフ的には、にゃんこスターにも来て欲しかったんです」と話すと、かまいたちは苦笑い。

    坂上忍(50)が「にゃんこスター(の芸)は良く分からなかった。でも、バラエティー番組に(多く)出るのは、にゃんこスターの方ではと思った」と言うと、にゃんこスターのスーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)はニッコリ。

    「今でもカラオケ店のバイトが入っていて、シフトをずらして仕事してます」と3助。早大文学部卒業後、ベンチャー企業勤務中のアンゴラも
    「私の会社は結構、自由で。一番上がミュージシャンで二番目の人も女優もやっていて、私がお笑いという感じです。だから、今後も仕事は続けようと思ってます」と明かした。

    また、準優勝後に発覚した2人の熱愛については「交際した後に『キングオブコント』のエントリーがあったので、婚姻届みたいに出してみようと思ったんです。
    (交際も)隠すことでもないなと思って、普通に言っちゃいました」と3助。「3助のどこが良かったの?」と聞かれたアンゴラは「見た目も性格も声も全部がいいです」と笑顔で答えた。

    「キングオブコント」の審査員を務めた際、アンゴラの太ももを見て「ムラッと来た」と明かした松本が「優勝した、その夜は燃えたの?」と2人にゲスな質問をすると、
    3助はアンゴラを指して、「こっちが疲れていたので、その日はダメって言われました」と正直に答えた。

    「破局したら、コンビが続けにくくなるのでは?」と聞かれたアンゴラが「別れたら解散かな。好きな人じゃないと、楽しく踊れないです」と率直に答える場面もあった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13745373/
    2017年10月13日 23時25分 スポーツ報知










    【にゃんこスター・アンゴラ村長「別れたら解散かな。好きな人とじゃないと楽しく踊れないです」 】の続きを読む