お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人の情報を中心にまとめているブログです。

      

    小峠英二


    o024002401349328187779

    1: 2017/05/07(日) 17:14:02.67 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二(40)が7日、大阪市内で行われた、お笑いタレント・ヤナギブソン(41)の
    芸歴20周年公演のトークイベント「なんて日だ!れが興味あんねんトークライブ」にゲスト出演した。

    2人は吉本総合芸能学院(NSC)の同期。ヤナギブソンから結婚の予定を聞かれた小峠は「結婚ねえ~、まあ、しばらくないんじゃない。あんまりねえ」
    とボヤキ気味にこぼすと、会場から笑いが。これに小峠は「全然聞いていいよ、杏里ちゃんのことでしょ?」と、
    逮捕騒動を起こした元交際相手の坂口杏里の一件をぶっちゃけた。

    「あれが全てだね」と小峠。ヤナギブソンが数年前に小峠と会った際のことを「テレビ局の楽屋で、杏里ちゃん系のことで、
    色んなマネジャーとやりとりしてたの覚えてるか」と振ると、小峠は「杏里ちゃん系って、杏里ちゃんの話しかないだろ。
    いろいろあって、付き合ってるけど、まだ表に出せないタイミングの時じゃないかな」と振り返った。

    「今は彼女はいない」という小峠は「いい人いたらいいなとは思うけど、好みがなくなってくるね。
    昔は音楽が好きな人がいいなとかあったけど、最近はいろいろ研ぎ澄まされて、よく笑う人がいいくらい…誰が興味あんねん!」と笑わせていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13030494/
    2017年5月7日 16時22分 デイリースポーツ


    【小峠「彼女いない。結婚しばらくない」とボヤキ節 杏里騒動「聞いていいよ」】の続きを読む

    1: 2017/01/28(土) 22:18:39.92 ID:CAP_USER9
    セクシー女優に転身したANRIこと坂口杏里(25)が、2作目となるAVを発売することが発表され再び話題になっている。
    そのタイトルが『芸能人ANRI By KING』という、文字通り“バイキング”がタイトルに含まれ、
    前作以上に元カレである小峠英二(40)にまたもガッツリ便乗した。これに対してネット上では、小峠英二に対する同情の声が続出している。

     1月19日には、坂口が自らTwitterで「DVDのタイトル、私が考えてるんじゃないからあんまり責めないで。笑」と声をあげるも、
    結局“小峠商法”で話題作りをするしかない状況の坂口に、世間は既に呆れ顔のようだ。

     昨年10月にANRI名義でAVデビューした際のデビュー作のタイトルも『芸能人ANRI What a day!!』と、
    小峠のネタである「なんて日だ!」を引用しており、当初から小峠ネタに乗っかって話題作りをする気満々であった。
    話題性もあっただけに、売り上げは上々だったようだが、それを見た人々からは「悲壮感が漂い過ぎて見てられない」と評判はいまいち。
    それだけに今作も、小峠ネタに何とか便乗し話題を呼ぶしかないというのがメーカー側の本音なのだろう。

    「小峠ネタで何とか話題作りをしても、もはや内容が見るに堪えないものだと分かっているだけに、売り上げ激減は必至です。
    また今作は、早くもレーベルを移籍し出される作品のようです。
    今後は次第にやりたがるレーベルがなくなり、引退に追い込まれるという可能性は大いにありえますね」(芸能記者)
    >>2 以降に続きます )

    Yahoo!ネタりか|2017/1/28 19:00 デイリーニュースオンライン
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170128-64384678-dailynewsq


    【需要もなく話題性もない…結局は小峠頼み? ANRI 坂口杏里の"新作不発"で危ぶまれる末路】の続きを読む

    1: 2017/01/14(土) 16:06:22.83 ID:CAP_USER9
     「おバカタレント」として活動したのち、衝撃的なAVデビューを飾った坂口杏里(ANRI)。
    AVデビュー作「What a day!」は、発売後1ヶ月を過ぎてもAmazonアダルトカテゴリーの堂々1位になるなど話題を呼んだ。
    そんな中、2作目を発表したものの「タイトルがひどすぎる」と注目を集めている。

    ■坂口杏里AV2作目のタイトルは『By KING』
    13日、坂口は自身のツイッターを更新。人気レーベル「MOODYZ」に移籍したことと2作目が発売されることを報告した。
    2作目となるタイトルは『By KING』。1作目と同様に、元カレであるお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二にちなんだタイトルだ。

    これからMOODYZさんにお世話になります!
    所属事務所もこうかいしていいのかな?
    皆さん、実はずっと2作目の事隠しててごめんなさい、、(?????_?????) https://t.co/q9RdFqva0A
    ― ANRI (@anchun333) 2017年1月13日

    このタイトルに「大喜利かよ」「クッソワロタ」といった爆笑の声があがっている。

    坂口杏里の新作のタイトルByKINGはくそつぼる ― たかはたりょーへい (@kvesejjgsn) 2017年1月13日

    坂口杏里が次に出すAVのタイトルが「By King」なの笑うし、いつまでもネタにされる小峠 ― モモカ (@11_xlll) 2017年1月13日

    坂口杏里のデビューAVのキャッチコピーが「What a day!」だったのは記憶に新しいけど、
    今度出る新作のキャッチコピーが「by KING」らしくてクソ笑った ― 清水ユキ(あるす) (@satellite_ars) 2017年1月13日

    ■「小峠を利用するな」といった批判も
    しかし、一方で非難の声もあがっているようだ。
    >>2 以降に続きます )

    @niftyニュース|2017年01月14日 09時30分 しらべぇ
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161052395/


    【坂口杏里が2作目のAVを発表 タイトルが「大喜利すぎる」と話題に】の続きを読む