お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    岡村隆史

    1: 芸人速報 2018/02/18(日) 04:49:04.12 ID:CAP_USER9
    2018/02/18 04:10 Written by Narinari.com編集部

    岡村隆史が「嫌なら見るな」発言を謝罪

    お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(47歳)が、2月17日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、物議を醸した「嫌なら見るな」発言を謝罪した。

    番組にはこの日、元AKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友(23歳)が、人気コーナー「爆裂お父さん」の最終回に登場。まゆゆは2013年の「FNS27時間テレビ」(同系)内で放送された同コーナーで極楽とんぼの加藤浩次(48歳)に顔面を踏みつけられ、大きな騒動となったが、まゆゆはそれがきっかけでファン層が広がったと、感謝の言葉を口にした。

    一方で岡村は「めちゃイケ的にもターニングポイント。あれぐらいから叩かれだした」と加藤をイジると、加藤も「いや、それお前いいのか? 隆史よ。ラジオでさ『嫌なら見るな』つったよな。何か世の中的にはフジテレビまで見るなみたいになっていって、フジテレビの風向きガーって変わったんだからな!」と応戦。

    最終的には岡村と加藤がそろって「嫌なら見るなっていってすみませんでした」と視聴者へ頭を下げて謝罪した。

    これにTwitterなどネットでは「今さらめちゃイケで謝罪…遅すぎるんじゃないの」「岡村ガチ謝罪だ」「謝罪なんてしなくていいのにー」などの声が上がっている。


    http://www.narinari.com/Nd/20180248144.html


    【岡村隆史が「嫌なら見るな」発言を謝罪】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/02/16(金) 04:43:13.15 ID:CAP_USER9
    2018年02月16日

    石橋貴明:ナイナイ岡村のANNに9年5カ月ぶり生出演 台本なしのトークを予定

     お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明さんが、「ナインティナイン」の岡村隆史さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)」(ニッポン放送)にゲスト出演することが16日、明らかになった。石橋さんが岡村さんのラジオ番組に出演するのは、前身番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」に音楽ユニット「矢島美容室」として乱入した2008年10月以来、約9年5カ月ぶり。

     15日深夜に放送された同番組内で発表された。石橋さんは3月1日放送の番組に出演する予定。石橋さんは当日、別現場で撮影をしているため、収録が終わり次第、スタジオに駆けつける。石橋さんの出現が実現すれば、台本なしでトークを行う予定。

     岡村さんは「とんねるずのオールナイトニッポン」の熱心なリスナーで、同番組にネタハガキを投稿していたと、たびたび番組でも発言。また、岡村さんがナインティナインでANNをはじめる際に意識したのも、「とんねるずのオールナイトニッポン」だったというほど、とんねるずから影響を受けている。

     「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」は毎週木曜深夜1時に全国36局ネットで生放送している。


    「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」のパーソナリティーを務める岡村隆史さん(左)と石橋貴明さん


    https://mantan-web.jp/article/20180215dog00m200044000c.html


    【【ラジオ】石橋貴明:ナイナイ岡村のANNに9年5カ月ぶり生出演 台本なしのトークを予定】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/02/15(木) 20:47:17.10 ID:CAP_USER9
    2月13日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、太田光がナインティナインの岡村隆史に平謝りした。

    太田は先週までの毒舌モードから一転。
    先週の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)で岡村から提案された、「株式会社タイタン太田光代社長からの挨拶状」の件に触れ、「俺、そうなると体が硬直してしまって」と話し始めた。
    相方の田中裕二も、太田と夫人の光代社長の関係をよく知っているため、「一歩も動けない」とツッコんだ。

    太田は続けて、「岡村さんあまりに殺生な。このままでは事務所単位の話になってしまう。タイタンなんて、吉本興業さんやオフィス北野さんに比べれば、阿佐ヶ谷の片隅で細々とやっている事務所です」と話し始めた。
    「博士が間違っているとか、岡村さんが間違っているとかそういうこと言った覚えはないんですよ。僕が一番好きな事務所は吉本興業ですし、芸人で一番尊敬しているのは(ビート)たけしさん。(吉本興業の)大崎洋社長も尊敬しています。『わろてんか』面白いですね」とへりくだってコビを売りまくった。
    田中もあきれ気味に、「もうストップしろよ。また口内炎できるから」とたしなめた。

    太田は最後に、「岡村さんもうやめませんか」と提案。
    「私は悪ふざけというか、大変失礼があったことは申し訳ないという気持ちがあります。どうか一つ、岡村さん、お気持ちを静めていただいて。博士さんも、もうここらへんでいいじゃないですか。僕が頭がおかしかったんですよ。それでいいじゃないですか」と謝罪した。

    太田は過去には、2013年の『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)の深夜企画「今こそフジテレビ大反省会」にピエロメイクで登場し、生放送の現場を荒らしまくったが、CM中に光代社長の激怒電話を受けて、一気に静まり返ったエピソードがある。
    ラジオで長々と謝罪の言葉を連ねたが、結局のところ光代社長を巻き込んで怒られたくないというのが、太田の本音かもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14302012/

    太田光



    【【爆笑問題】太田光、岡村隆史に謝罪「僕が頭がおかしかったんですよ」】の続きを読む

    1: 芸人速報 2018/02/02(金) 11:27:32.34 ID:BetpVEfv0● BE:867732698-2BP(2000)
    岡村隆史、たむけんから仮想通貨勧誘「損させない」
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802020000304.html
    ナインティナインの岡村隆史(47)が、仮想通貨取引所大手「コインチェック」から
    約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した騒動で“元凶”あつかいされて
    炎上したお笑い芸人たむらけんじ(44)から「絶対、損はさせません」と仮想通貨
    投資を勧められていたことを明かした。

    岡村は1日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、
    NEM流出騒動に触れた。お笑い芸人たちの間でも仮想通貨投資が流行しており、
    今回被害を被った藤崎マーケットのトキや、ダウンタウンの松本人志らはたむらの
    勧めで投資を始めたと明かしていたが、そんなたむらを岡村は「先生」と呼んでいるという。

    自身もたむらから「兄さん、やってないんですか? え? いつまで馬乗るつもりですか? 
    僕らもう車乗ってますけど」「革命ってご存知ですか?」などと危機感をあおられ、

    「今度、時間あったら勉強会しますんで、ちゃんと聞いてやってみたらどうですか? 
    絶対、損はさせませんので」と誘われたという。興味を抱きつつも、その勉強会に
    参加する前に今回の騒動が起きたと語った。

    たむらは1月30日放送のフジテレビ系「とくダネ!」に電話出演し、「仮想通貨の世界が
    スタンダードになる時代がもうそんなに遠くなく来るかもしれませんよっていうことは言って
    ました」と周囲に勧めていたことは明かしたが、

    「僕が絶対に言うてることは、まず絶対に余裕のお金でやってくださいって」と釈明していた。


    【たむけん、岡村隆史にも仮想通貨勧誘「兄さんいつまで馬にのってますのん?革命ってご存知ですか?」】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/12/12(火) 05:52:48.87 ID:CAP_USER9
    2011年に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『FNS27時間テレビ』で、ジャルジャル・福徳秀介(34)がナインティナイン・岡村隆史(47)にバスケットボールを何度もぶつけたことが当時話題になっていた。

    「いじめ」と言われ炎上問題にまで発展し、ジャルジャルのアンチが急増したことでも知られるこの件について、福徳は8日放送の『エゴサーチTV』で言及した。

    ■ボールをぶつけて炎上
    この一件を受け「(世間の印象が)ガラリと変わりましたね」と明かした福徳。バスケットボールの硬さや空気の具合、ボールを当てる距離などを綿密に打ち合わせ、岡村も「もうちょっと強く当てていいよ」とアドバイスをもらうなど万全の体制で挑んだにも関わらず、視聴者からはいじめを指摘する声が相次いだという。

    当時、岡村は休養から復帰したばかりということもあり、ジャルジャルは「復帰した岡村さんにバスケットボールを当ててる若手」という印象をもたれてしまったよう。福徳は騒動を振り返り「もうウソみたいに炎上した」と感想をもらした。

    ■視聴者はプロレスを理解できていない?
    この問題についてMCのキングコング・西野亮廣(37)は「テレビの視聴者って額面どおり受け取っちゃうよね。こっちがプロレスやってることも…」とふたりをフォローし、自身も視聴者に勘違いされてしまった『27時間テレビ』のエピソードを語り始めた。

    そのコーナーでは、進行役の西野がマジメにゲームをしようとするが、それを明石家さんま(62)が邪魔をし続けた挙句、1問もゲームができない、という流れの台本があったよう。1時間もの間その流れが続き、西野も「ゲームやりましょう!」とツッコミ続け、その場は大変盛り上がったとのこと。

    しかしコーナーが終わったあと、フジテレビに「キンコン西野はなんでそんなにゲームがしたいんだ」といった苦情のFAXが大量に送られてきたという。西野は「俺ゲームしたくないねん別に」と思わず苦笑してしまったようだ。

    ■イジりといじめの境界線は難しい
    「おもしろいイジり」のつもりが「いじめ」に見られてしまった福徳のバスケットボール事件。この出来事に関わらず、イジりといじめの境界線についてはバラエティ番組ではたびたびテーマになっている。

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,342名に「イジり」について調査したところ、6割以上が「いじめだと思うことがある」と回答。

    当人たちがおもしろいと思っていても、一歩引いた視聴者からはいじめに見えているものも多いのかもしれない。

    かつてはアンチが激増していた福徳。ことしの『M-1グランプリ』で見せた涙によって、その印象が変わっていれば良いのだが…。


    (文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

    しらべぇ2017年12月11日17時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161403286/?ptadid=


    【<ジャルジャル福徳>ナイナイ岡村への「バスケボールいじめ事件」の真相を劇白! 】の続きを読む