お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    星田英利

    1: 芸人速報 2018/01/13(土) 17:49:38.92 ID:CAP_USER9
    元ほっしゃん。として知られる、タレント・星田英利(46)のTwitterが、友愛の提案をくり返すも炎上しているという。

    「星田は11日、Twitterで日韓合意に新方針を打ち出した韓国・文在寅大統領の『日本と心が通じる真の友人となることを願う』とした発言を取り上げ、
    『なりましょうよ。願うだけじゃなく、なりましょう!』と切に友愛の精神を訴えたんです。

    さらに星田は『同じ地球人としてどの国とも仲良くしようよ!っていう、 まずはしごく当然の理想を描いてそこからスタートができない人間に、友達とか仲間なんてできるかよ。
    自分の身を見てみな。』『あなたのその考え方で何を得た?仲間を得たかい?孤独じゃないかい?』と韓国の方針に異を唱えるネット世論を嘆いたんです」(週刊誌記者)

    しかし、星田のこの書き込みは大炎上。
    というのも、星田はTwitter上で反対意見を述べる、いわゆるアンチに非常に厳しく、少しでも反対しよう者なら即ブロックするするからだという。

    星田のこの発言を受けて、SNSや掲示板には「同じ地球人なんだから反対意見言われただけでブロックしないでよ! 」
    「真の友人は約束やぶんないだろ」「反対意見を許さない独裁者ぶりは左派政権そっくりだな」などという反論が上がっていた。

    たしかに友愛を説く一方で、Twitter上で「プチ独裁者」として君臨するのはいかがなものか。

    星田は、同じ吉本興業のウーマン・ラッシュアワーの村本大輔(37)に負けず劣らず”モノ言う芸人”としてSNSで発信はするものの、
    現在バラエティ番組などの出演は見られなくなっている。いったい星田の周辺になにが起きているのか。

    ■松本人志に「いつでも辞めたる」と啖呵?
     
    「発言すればするほど星田は孤立し、周辺の芸人も助け舟が出せない状況になっている」と説明するのは、あるテレビ制作会社のスタッフだ。

    「星田は元々、ボケ担当なのにイジられ嫌い。昨年4月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、松本人志(54)から『あれ、ほっしゃん。、
    辞めたんちゃうかった?』とイジられた時も、星田は真顔で黙り込み、ボケることもなく『いつでも辞めますわ!』と啖呵を切ってしまったんです。

    これにはスタジオの空気も凍りつき、視聴者も違和感を覚えたと話題になっています。もちろん松本に悪意などなく、
    その前年12月に起こした引退騒動を笑いで風化させるくらいの親心で言ったツッコミ。松本もあわてて『アカン、辞めたらアカン』とフォローするしかありませんでした」

    トーク番組での”イジり”が救いになるかはさておき、その一件で星田は、周囲の仲間から「うかつに関われない」「助け舟も出せない」とみなされたという。
    意固地な発言で孤立する星田だが、同じ地球人として芸能界でも、またネット上でも仲良くやってもらいたいものである。

    2018.01.12 21:16 デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/1393550/

    写真



    【<元ほっしゃん。>「韓国と真の友人に」提案も”アンチ即ブロック”で物議・・・友愛を説く一方、プチ独裁者」として君臨 】の続きを読む

    1: 2016/12/07(水) 18:48:30.96 ID:CAP_USER9
     日本テレビの大みそか恒例の特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(31日、後6・30)の制作発表が7日、都内の同局で行われ、ダウンタウンの松本人志(51)が、6日にインスタグラムで引退宣言し、その後撤回する騒動を起こした元「ほっしゃん。」こと星田英利(45)について「名前を変えたころからおかしかった」と異変を感じていたことを明かし、後輩芸人を気遣った。星田は2014年8月に「ほっしゃん。」から本名に改名している。

     なお、ダウンタウンの浜田雅功(53)は疲労による声帯炎で声が出なくなり、この日の会見を欠席した。所属事務所によると、「ここ数日体調が悪く、自宅で療養している」といい、入院はしていない。浜田は、1日も同局系「ダウンタウンDX」(木曜、後10・00)の収録を欠席。この日は当日になって出席をキャンセルした。

     相方の松本人志(53)は「愛人の家で寝ている」などと、現在の様子をブラックジョークでイジった。

     松本は「ガキ使」について、昨年12月の制作発表では「今年限りで卒業」と語っていたが、今年も無事に11回目を迎えた。卒業宣言について「去年で終わりたいとかやめるとか言っていたけど、皆さんの熱い要望でもう1回やってしまいました。ほっしゃん。みたいになってもうた」と、星田をネタに意気込みを披露した。

     星田の引退宣言騒動には「全くあれは分からないなあ」とし、「名前を変えたころからおかしかった」と2年半前ぐらいから異変を感じていたことを明かしながら、後輩を気遣った。

     また、この日、紅白のスペシャルゲストとしてタモリとマツコ・デラックスの出演が発表されたことを受け、「我々も紅白に出たい。ただ僕らにはヒット曲がない。来年はヒット曲を出して、この番組を卒業したい」と再び“番組卒業”ネタを繰り出していた。

     星田は6日朝、「年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います」とインスタを投稿。同日夕方ごろにはこの投稿を削除し、同日夜には「心配かけてすみません。いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。ひたむきに頑張ります」と引退宣言を撤回していた。


    2016.12.7
    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/07/0009731712.shtml
    no title


    【松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」】の続きを読む

    1: 2016/12/06(火) 17:59:53.05 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2082632/full/
    2016-12-06 17:52

     きょう6日にインスタグラムの投稿で来年3月をめどに芸能界引退を示唆したお笑い芸人の星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)が同日、該当の投稿を削除した。

    星田は6日、自身のインスタに「デビューからお世話になった大先輩方々を裏切る、っていうか、お世話になり過ぎて、その方々にご相談できへんかったけど、年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います。
    27年。・・・凄い」と投稿。さらに「あ、今やってる仕事は、3月までやから、それは絶対、手ぇ抜かんと死ぬ気でやるから」と続け、来年3月に芸能界からの引退を示唆した。

     所属事務所は「事実確認中」としていたが、星田はこの日のうちに該当の投稿を削除。「3月まで~~」の投稿は残している。
    星田はこの日の午前中、曜日レギュラーを務める関西テレビ『ごきげんライフスタイル よ~いドン!』に通常通り出演したが、引退には触れなかった。

    関連スレ
    【芸能】ほっしゃん引退★3
    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1480998404/


    【引退示唆の星田英利(旧芸名:ほっしゃん。)、該当の投稿を削除】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 19:17:23.52 ID:???*.net
    7月下旬に「在日吉本」と発言したネット民に対し「訴える」「ツブす」などと返し炎上していた星田英利氏が8月22日の朝、煽るような発言をしています。



    アホアホ武藤さん、 どうすんの?

    ― 星田 英利 (@hosshyan) 2015, 8月 21


    この発言が注目されるのは星田氏がネット民に対して行っていた「訴える」「ツブす」などの過激発言についてその後の説明がないためです。

    星田氏は7月22日、安保関連法案の見解についてネット民から「在日吉本」と発言されたことに「マネージャー経由で弁護士に連絡したよ」「訴えるわ」「弁護士に相談したから待っといて」と怒り。


    ネット民は「私は吉本は在日企業と認識しているが、星田氏が在日だなどとは言ってませんよ」と説明していましたが星田氏がこんな発言を続けたことが反発を買い、星田氏側が一方的に叩かれる展開に。


    ・全ての証拠ができたらしいで 笑

    ・会社が動いたらマジで逃げれへんよ 笑。

    ・アンタの全てが’解った”らしいわ 笑
    さぁ、どうする?

    ・ブルってる?結構、ヤバいことになりますよ。

    ・どこ行ってもとことん目の前でツブすで。

    星田氏は炎上後、7月31日と8月1日にも「ネットていう隠れ蓑纏って生きてる方々は(中略)実は”下”の方が多すぎるわ」「お友達もいない【下の下の下の”奇”太郎くん】」
    「もっと頑張ってよ!」などと挑発めいた発言を行っていましたが、「ツブす」発言がどのように帰結するか多くの方が関心を持っています。

    ご自身の発言を決着させる前のタイミングで煽るような発言をしたことが受け入れられるかどうかは今後を見通す上での一つの試金石となりそうです。
    http://www.buzznews.jp/?p=2023411


    【在日吉本炎上の元ほっしゃん。が煽り「アホアホ武藤さん、どうすんの?」】の続きを読む