お笑いまとめ 芸人速報

お笑い芸人の情報を中心にまとめているブログです。

      

    松本人志


    no title

    1: 2017/05/21(日) 11:11:11.57 ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が21日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、お笑いタレントのアキラ100%(42)の裸芸に対し、放送倫理・番組向上機構(BPO)が視聴者からの苦情を公表した件について言及。「絶対を裸を見せないという、ある意味一番倫理観がある」との持論を披露した。

     BPOが4、5月に公式サイトで公開している「視聴者からの意見」欄で、視聴者から寄せられた意見を公表。「公然わいせつ」「子どもの教育にも悪影響」など、アキラに対してと思われる訴えが寄せられた。

     これらの苦情に、お笑いタレントのバカリズム(41)は「見えてから(苦情を)言ってほしい」とコメント。「見せそうで見えないのが面白い。見えたら集中砲火でいいが、見えそうだから(ダメ)というのはかわいそう」と同情した。

     松本は「ある意味一番倫理観がある」と語り出し、持論を展開。「絶対に裸を見せないという、一番子供にいい影響を与えている。誰よりも裸にならない」と、アキラの芸風に理解を示した。

    2017年5月21日 10:56
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/21/kiji/20170521s00041000183000c.html


    【松ちゃん アキラ100%の裸芸を支持「絶対に見せない…一番倫理観ある」】の続きを読む

    1: 2017/02/12(日) 11:14:28.49 ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、12日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。写真週刊誌『FLASH』で、お笑い芸人の三又又三(49)との“絶縁”が報じられた件について言及した。

     松本は「『FLASH』で三又又三が僕から大金を借りて、全然返さないと、僕から絶縁を受けている、どうしようもない奴だっていう、これは完全に事実です」ときっぱり。

     番組MCの東野幸治から「いや、事実じゃないでしょ」とツッコまれるも「本当に返さない。というか『FLASH』さん、まだ甘いですよ! アイツのクソ加減が、まだ表現できてない。(同誌では三又が)『そんなことないと言って逃げていった』ってありますけど、そんなことあるんですよ」と説明した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000326-oric-ent
    オリコン 2/12(日) 10:10配信


    【松本人志、三又又三との絶縁報道に言及「完全に事実です」】の続きを読む

    1: 2017/02/07(火) 01:15:07.26 ID:CAP_USER9
    [スクープ]裏切られた!
    松本人志が[親友]三又又三と
    「1千万円トラブル」絶縁
    http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002

    三又又三と1千万円トラブル絶縁、松本人志が裏切られた!
       ◆ ダウンタウン・松本人志、お笑い芸人・三又又三、角田信朗
    フラッシュ(2017/02/21), 頁:14
    http://www.zasshi.com/zasshiheadline/flash.html


    【【フラッシュ】スクープ!松本人志が裏切られた! 三又又三と『1千万円トラブル』で絶縁!】の続きを読む

    1: 2017/02/07(火) 00:44:29.38 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が6日、ウェブサイト「日刊大衆」が日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日曜・後11時25分)のスタッフで、総監督の菅賢治氏(62)と、総合演出で“ヘイポー”の愛称で親しまれている斉藤敏豪氏(62)がリストラされると報じたことに、ツイッターで抗議。すぐに日刊大衆が「お詫びと訂正」を掲載した顛末があったが、夜になって、さらに松本がツイッターを更新した。

     「日刊大衆さん。今後も自分の仲間や家族が傷付けられたとき僕はいかります。。。ところでこれはチョットわろた。」とヤフーの検索急上昇ワードランキングで、「ヘイポー」が「スーパーボウル」を抑えて、1位に輝いていることを笑った。

     怒りのツイートでは、「2人に謝って。日刊大衆」と呼び捨てにしていたが、今回は「さん」づけとなっており、謝罪に軟化した様子がうかがえた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000026-sph-ent


    【松本人志、「ヘイポー」の検索ワード1位に笑う…ウェブメディアの謝罪文は容認?】の続きを読む

    1: 2017/02/05(日) 18:40:29.60 ID:CAP_USER9
    和田アキ子さん(66)による、出川哲朗さん(52)への「狩野電話パワハラ」騒動。2017年2月5日の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志さん(53)が「パワハラでしょ」と認めつつ、バラエティー番組ならではの事情を理由に、持論を述べた。

    2月2日の「バイキング」(フジテレビ系)で和田さんは、「ハラスメントの意味が違うと思うんですけど」と主張し、「アッコにおまかせ」(TBS系)の1月22日放送前、出川さんに「電話するかもわからへんで~」などと事前通告していたため、ハラスメントではないと主張した。「ワイドナショー」では、この話題について取り上げた。

    「バラエティーでは、ある種、必要悪」

    「ワイドナショー」で、最初に話を振られたのは、小籔千豊さん(43)。「出川さんがたぶん一番嫌がってると思うんですよね」と切り出す。一連のやり取りを嫌だと感じたなら、番組降板や和田さんへの訴訟をすればいいと言い、一連の騒動はネットで騒ぎ立て、和田さんや出川さんを責める人による「ネトハラ(ネットハラスメント)」ではないかと指摘した。

    MCの東野幸治さん(49)が松本さんに意見を求めると、「パワハラでしょ」とバッサリ。事前に電話するかもと伝えていた、との主張もパワハラで、仮に番組終了後、出川さんに「パワハラじゃないよな!」と同意を求めたとしたら、それもパワハラになると説明する。

    しかし、笑いに包まれるスタジオで、松本さんはこう続ける。

    「ただ......パワハラ、ダメなんですか?」
    会社や学校は別として、バラエティー番組において、パワハラは「ある種、必要悪」だというのだ。

    「僕はアッコさんのパワハラ好きだし、嫌な気しないし......」
    ジャングルのような芸能界で、「ゴリラ」のような和田さんは力強い存在だ。あくまでテレビ番組内での構図であり、一般的な「パワーハラスメント」とは違う枠組みで考えようとの意見だ。

    「そのパワーやめてくれってのは......なんやったら、コレ(ゴリラのように両手で胸をたたくポーズ)しよるわけですから」
    ツイッターでは「視聴者が不快になるのが問題」

    ツイッターを見てみると、松本さんの意見には「一理ある」などの賛同が出ている。しかし、芸能界がパワハラを「必要悪」とするか否かではなく、単純に視聴者が「不快」と感じる番組づくりに問題があるのでは、との意見のほうが優勢だ。

    「どんどんテレビと視聴者の感覚のズレは深まっていくばかりね」
    「視聴者は和田のパワハラを受けても、メリットも恩恵もないですしね」
    「パワハラかパワハラじゃないかじゃなくて、日曜お昼の番組で視聴者が不快になるのが問題だったのでは」
    そもそも電話の相手である狩野英孝さん(34)は、17歳との淫行疑惑で謹慎中の身。そんな渦中にある人物を電話口に出そうとすることが、出川さんへの電話強要よりも問題なのでは、といった意見も出ている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.j-cast.com/2017/02/05289783.html?p=all


    【松本人志「アッコさんのパワハラ好きだし」発言 広がるテレビと視聴者のズレ】の続きを読む