お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    横澤夏子

    1: 芸人速報 2017/10/07(土) 05:08:31.46 ID:CAP_USER9
    2017年10月7日5時0分 スポーツ報知

    横澤夏子がコンビ結成!女芸人の頂点を目指す

     ピン芸人の横澤夏子(27)が、日本テレビが開催する史上初となる「この世で一番おもしろい女芸人を決める」大会「女芸人No.1決定戦 THE W」(12月、決勝)に、男女コンビ「相席スタート」の山崎ケイ(35)とコンビ「とんとん」を結成し出場することが7日、分かった。 

     同大会の参加条件は「女性」のみで、漫才、コント、一人芝居、モノマネ問わず「面白ければ何でもあり」の女芸人の頂点を決める。即席ユニットの結成も可で優勝賞金は1000万円、10月13日より東京・大阪などで予選を開催する。

     もともと山崎のネタの着眼点が好きで、「いつか一緒にネタを考えて披露したいと思っていた」という横澤がオファー。山崎は男女コンビのため、「出たいけれど1人で出るのか。ネタどうしようかなと考えていたところにお誘いを受けたので、やったー」と、即答し意気投合。限定コンビが生まれることになった。
    ちなみにコンビ名「とんとん」は、「顔や人生のレベルがお互い自分の方が上だと思っているが、ほかの人から見れば『とんとん』だね」というところから命名されたという。

     横澤は「私たちだけで盛り上がった話が、みなさんと共有できればうれしいです」と話しており、横澤のネタが好きだったという山崎も「いつもとは違う女同士のおもしろさが出たら。『うわーリアルー』と女性の心に何かを突き刺したいです」と語っている。


    コンビを組む横澤夏子(左)と「相席スタート」の山崎ケイ


    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171006-OHT1T50185.html


    【横澤夏子がコンビ結成!女芸人の頂点を目指す 】の続きを読む

    1: 2017/07/20(木) 05:05:32.97 ID:CAP_USER9
    7/20(木) 5:00 スポニチアネックス

    横澤夏子が誕生日婚、1歳上の一般男性と「一生離さない」決意

     お笑いタレントの横澤夏子(27)が、かねて同棲していた1歳上の一般男性と、20日に結婚すると所属事務所が19日、発表した。挙式・披露宴は来年初めを予定。関係者によると妊娠はしておらず、今後も仕事を続ける。20日は横澤の誕生日にあたり、日付が変わったタイミングで、都内の区役所に2人で婚姻届を提出するという。

     横澤は昨年、男性と婚活パーティーで知り合い同2月から交際開始。たびたび強い結婚願望を口にしていた。横澤は「かねて結婚に追い込んでおりました男性と入籍の運びになりました」と報告。「今後は私の凝り固まってる結婚という理想にとらわれず、取り合った手を一生離さないように、2人で人生を歩んでいきたい」とコメントした。


    横澤夏子
    芸人速報

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000003-spnannex-ent


    【横澤夏子が誕生日婚、1歳上の一般男性と「一生離さない」決意】の続きを読む

    1: 2016/05/31(火) 19:13:51.09 ID:CAP_USER9
    新モノマネ女王・横澤夏子の過去の恋愛エピソードを知り、拒否反応が続出した。
    5月24日、横澤は芸能人が過去に好きになった人や今好きな人が登場する不定期バラエティ番組「好きになった人」(日本テレビ系)に出演。

    横澤の過去の恋愛遍歴を振り返り、まず横澤が会いたい人に挙げたのが、
    15歳の時に交際していたファーストキスの相手でもある森山未來似の男性。
    横澤は彼が初めての交際相手だと説明し、「私、ちゃんと学生恋愛してるんですよ」と自慢気に話していた。

    しかし、その男性との馴れ初めを紹介する再現VTRが流れると、視聴者は一斉にドン引きした。

    横澤は中学時代に生徒会長を務めていたというのだが、その彼と交流したいがために横澤の学校の独自のルールである
    「生徒会長が生徒会メンバーを指名できる」という権力を利用、その彼を無理やり
    生徒会メンバーにしたという。その後、職権を乱用してイチャつきを強要していたというのだ。


    さらに、自身が告白する時には女友達を集合させ断りづらい環境を構築しOKの返事をゲット。
    極めつけは強引にキスを奪うなど、相手が控え目なことをいいことに、卒業するまでそういった行為を続けたという。

    横澤はドン引きする共演者たちに「こうでもしなきゃこのレベルは付き合えないんですよ」と、あっさり釈明した。

    その彼はスタジオには来なかったものの、中継で顔を隠して登場。案の定、付き合っていた事実についても「まあ、一応…」と濁った返答で、
    ファーストキスの思い出についても「凄く怖かった」と振り返っていた。
    最後に、中学卒業と同時に別れた理由を聞かれても「(横澤が)生徒会長じゃなくなったから」とコメントしており、完全に権力恋愛だったことが証明されたのだ。


    芸人としてはオイシイ学生時代のエピソードだが、視聴者はその性根にあ然。
    「クラスにいたら絶対イヤ」「もうこの女のモノマネでは笑えない」など、9割以上が悪評ばかり。持ちネタの「イラっとする女」が、まさか自分だったというオチか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1138178/
    2016.05.31 17:59 アサジョ

    no title


    【モノマネ女王・横澤夏子の性悪エピソードに「もうこの女では笑えない!」】の続きを読む