お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    消えた

    1: 芸人速報 2017/10/17(火) 15:33:34.30 ID:CAP_USER9
    その斬新なギャグが是非を巡って議論を呼んだかと思えば、突如、交際宣言。先日のコント日本一決定戦「キングオブコント」で準優勝した男女コンビ・にゃんこスターは、
    優勝したかまいたちが霞むほどいまだに話題を提供中だ。
    それだけ、上位に食い込めばかなりの確率でブレイク必至の「キングオブ──」などお笑いのメジャーコンテストだが、
    一方で、好成績を残したにもかかわらず、その後、坂を転がるように転落していく芸人がいる。

    漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」第3回(2003年)大会のファイナリスト、元りあるキッズ・長田融季がその典型例だ。

    彼と元相方の安田善紀は小学生の時、「輝く日本の星!」(TBS系)というオーディション番組に合格して、
    「次代のダウンタウン」として将来を期待される芸人に。
    18歳でM-1決勝戦に進出したこともある。その大会史上最年少記録は、今も破られていない。それほどの芸人だったが、みるみる転落していった。

    「小学生で芸人になったため、悪い遊びを覚えるのも早く、競艇や闇カジノ、キャバクラや飲酒、女遊びと放蕩癖がつき、先輩にもタメ口。
    小学5年生の時にナンパして交際した7歳年上の女性と後にデキ婚しました。
    ところが、芸人から借金をしまくっていたため、人間関係が悪化し、裏社会の人間と接触。
    結果、トラブルが絶えなくなり、14年に所属事務所を解雇されています」(エンタメ誌ライター)

    M-1と並ぶメジャーコンテストである前述の「キングオブ──」では、
    10年の優勝者・キングオブコメディ・高橋健一が、15年、女子高生の制服を窃盗、建造物侵入の容疑で逮捕。所属事務所から契約解除された。

    「ピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり』では、09年の覇者である中山功太が、元キャバ嬢から提訴されたことを『週刊新潮』が報じました。
    彼は、優勝直後に地元・関西の舞台が入っていたことを理由に、東京進出が1年遅れ、これが仇となって週5でバイト、改名、ホスト転向など、いろんな手を尽くしましたが、すべて失敗。
    肉体関係にあった女性に暴行を働いたとして損害賠償を請求されているそうです」(前出・エンタメ誌ライター)

    解雇、逮捕、提訴──一度はまぶしいスポットライトを浴びただけに、その転落に至る暗転ぶりはより際立って見えるのだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1366081/
    2017.10.17 09:58 アサ芸プラス


    【「お笑いコンテスト上位」から転落人生を送ったあの芸人たちは今! 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/10/13(金) 19:09:46.24 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・8.6秒バズーカーが、代表的なネタ「ラッスンゴレライ」が原爆をモチーフにしているのではないかという疑惑をかけられてネット上で“反日芸人“扱いされているせいで、失ってしまった仕事もあると告白した。 


    8.6秒バズーカーが、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトーク番組「よしログ」に出演。「ラッスンゴレライ」が広島への原爆投下をモチーフにしているとのうわさを否定する企画の収録があったが、テレビ局の判断でお蔵入りしてしまったと明かした。田中シングルは、「『デリケートなことだから』って言われたけど、デリケートなことでうわさ立てられるっていう現代の足の引っ張り方というか、新しいイジメ」と語った。

    当時は否定も肯定もするなと指示されていたらしく、はまやねんは、「会社サイドにも『どう対処していいかわからん』って言われていました」と話す。ネットで出回っている「楽寸号令雷 市民を襲う」という見出しのついた新聞の画像は合成されたものだと強調して、田中は「いい迷惑ですよ」と嘆いた。

    田中は、「当時は僕らの映像も流せないとか、決まっていたスケジュールがバラシとか、めっちゃありました。2ちゃんねるの人が面白がって、僕らが出た番組のスポンサーに電話した。だからテレビ局の人にも『違うのはわかっているけど、出したらクレームが来る。事実どうこうではなく、クレームが来る芸人だから使えない』と言われた」と告白した。

    よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」は毎週月~金20時30分~22時30分で「GYAO!」にて生配信。

    (文/原田美紗@HEW)

    10/13(金) 17:43配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00010003-trendnewsn-ent


    【<8.6秒バズーカー>反日疑惑で失った仕事もあった......クレーム殺到でテレビ局から「使えない」 】の続きを読む

    1: 芸人速報 2017/09/29(金) 11:52:09.39 ID:CAP_USER9
    元グレートチキンパワーズで、15年に放送されたNHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演し注目を集めた俳優の北原雅樹(41)が、コンビ解散後のどん底生活を振り返った。

    北原は28日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。
    同コンビは94年に芸能界デビューし、お笑いだけでなく俳優や歌手としても活動しアイドル的人気を博したが、
    その当時について「一番忙しいときは1週間で12時間くらいしか寝られなかった」と振り返った。

    しかし肝心のお笑いがおろそかになり、05年にコンビは解散。
    芸能界での仕事もなくなり、北原は職を転々としていたという。結婚し子どももできたため、工場や建築現場などで働きながら生計を立てていたと明かした。

    ハローワーク通いの日々が続くも職にあぶれ、一念発起して再び芸能界へ。
    ケーブルテレビやコミュニティーラジオなどに自ら営業をかけて仕事をとるようになり、現在もローカルタレントとして活動を続けていると語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13679646/
    2017年9月29日 10時21分 日刊スポーツ




    【元グレチキ北原雅樹、コンビ解散後の転落から現在】の続きを読む