お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

      

    炎上

    1: 芸人速報 2017/11/05(日) 23:27:22.62 ID:CAP_USER9
    「極楽とんぼ」の加藤浩次(48)が4日深夜放送の大阪・MBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!」(土曜深夜1・50)に生出演。
    フジテレビの看板バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)の来年春終了に関し、お笑い芸人のたむらけんじ(44)が3日に“フライング発表”したことに
    「勇んだよね、勇んだ足だよね。そういうルール、分かんないんだ」と“苦言”を呈しつつ「正式発表と勘違いしちゃったのかな?」と語った。

    「めちゃイケ」の終了はスポニチ本紙3日付の報道で判明。たむけんはフジテレビや番組から正式発表がある前の3日午後、
    自身のインスタグラムで「めちゃイケ」の総監督・片岡飛鳥氏からメールで報告があったことを明かし「(終了は)事実」とした。

    一夜明けた4日の「めちゃイケ」放送内で、来年春に終了し、1996年10月のスタート以来、21年半の歴史に幕を下ろすことが正式発表された。

    「めちゃイケ」レギュラーではないたむらの“フライング発表”に、インターネット上には批判の声も上がっている。

    加藤は「一切、誰にも言っていない。家族にも言っていなかったから。岡村が(「めちゃイケ」終了報告に)来てから、
    きょうの(ラジオ)のオンエアまで、ちょっと寝るのが早かったもんね。(家族に)言っちゃいそうで」と笑いながら明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13848103/
    2017年11月5日 13時6分 スポニチアネックス


    【加藤浩次 たむけんの「めちゃイケ」終了フライング発表に“苦言”「ルール、分かんないんだ」 】の続きを読む

    1: 2017/06/12(月) 17:37:59.63 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ、ハライチの岩井勇気(30)が、「3次元アイドルにあまりハマれない理由」をツイートし、アイドルファンから反感を買いツイッターが炎上する騒ぎとなっている。

     岩井は11日、「3次元アイドルにあまりハマれない理由がわかった。曲中、歌詞で結構良いこと言ってるのに歌ってる本人たちが思ってない感じが見え隠れする所に大人にやらされてる感じが見えて可哀想になってしまう」とツイートした。

     するとアイドルファンから批判が殺到。岩井は相方の沢部佑がレギュラー出演する欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京系)に不定期で出演しているだけに、同グループのファンから「坂道なめんな 魅力知らねぇのに言うな」

    「何を呟こうと勝手ですが、影響力を考えて発してほしいということです。 言葉は人を傷つけます」「少なくても同じ業界で働いてるんだから、わざわざSNSでそんなこという必要ありますか?」などといった声が多数寄せられた。

    2017年6月12日 17時8分 日刊スポーツ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13191939/

    写真
    芸人速報


    【<ハライチ岩井>「3次元アイドルにあまりハマれない理由」をツイートし、アイドルファンから反感を買いツイッターが炎上!】の続きを読む

    1: 2017/05/09(火) 20:58:40.86 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ(41)が、8日に放送されたTBS系「好きか嫌いか言う時間」に出演。医師の発言を猛批判したことに疑問の声があがっている。

    この日は「病院の言い分VS患者のクレーム」というテーマで、医療の最前線で奮闘する関係者たちとゲストが熱い議論を交わした。

    その中で「治らないなら治療費を返せ」という、患者側のクレームを紹介。これについてゲストの大竹真一郎医師は「医者と患者さんの契約は必ずよくするというものではない。最善を尽くして診療にあたるというのが契約」と解説した。

    くわばたが「『100%治せるわけではない』と病院がそれを言ったらアカンちゃうんかな」とかみつくと大竹医師は「病気に絶対に誰でも治せるものなんてないんです」と反論した。

    MCの坂上忍(49)が「それは当たり前だと思うよ」と医師に加勢するが、収まらないくわばたは「(絶対は)ないかもしれへんけど、(言葉として)『一生懸命がんばります』みたいな…」と医師からの“誠意”を望んだ。

    大竹医師はうなずきながらも「100%尽くしますは言えます。100%治す、結果を問われると、これは無理ですよ」と最後まで主張を曲げなかった。

    放送後、ネット上ではくわばたの主張に対して様々な声が上がった。

    「医師の意見が普通だと思うけど」「治したくなくて言ってるわけじゃない」「根っからのクレーマー気質なんだろうな…」「芸人は100%人を笑わせられんの?」

    中には「ディレクターの要請で本人の意思ではない事を言わされてる場合もあるから」と擁護する声もあったが、くわばたの発言を疑問視する声が続出した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13039302/
    2017年5月9日 18時46分 東スポWeb


    【くわばたりえ 医師に“誠意”求め炎上「根っからのクレーマー気質」】の続きを読む

    1: 2017/01/31(火) 18:54:53.84 ID:CAP_USER9
    30日放送の「痛快! 明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまが、お笑い芸人がネット上であえて炎上する芸風に異論を唱えた。

    番組では、「あかんかまへんNEWS」として、最近のトピックに対して肯定か否定かを出演者らが議論した。その中に「不特定多数が見るSNSでの喧嘩」という話題があがる。

    昨今、芸能人と一般人のSNS上でのけんかが頻発している。番組ではその代表例として村本のTwitterが紹介された。

    村本による上から目線の投稿には、案の定批判が殺到し「炎上」したということだ。

    MCのロザン・宇治原史規は「(この炎上は)『ビジネス炎上』に近い」と意図的に炎上させていると推測すると、さんまは「村本はそうやな」とうなづいた。

    ここでミッツ・マングローブがさんまに「こういうコミュニケーションをお客さんとやっているっていうのは、お笑いのひとつのスタイルとしてなしですか?」と問う。

    するとさんまは。「俺、なし」と即答

    相手をあえて怒らせるような行動は自身のお笑いの方法にはないようで「とにかく、ちょっとでも笑顔にしたいからこの商売(芸人)を選んでる」のだと、そのモチベーションを語った。

    たださんまは、そうした感覚についてジェネレーションギャップだと自覚しているようで「この時代とはちょっとちゃうねん」とコメント。ネットで炎上する芸人に「お前ら平気なん?」と質問したところ「面白いんですよ。遊んでるんですよ」という返答があったことを驚きをもって紹介していた。

    2017年1月31日 12時10分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12611339/


    【<明石家さんま>芸人のネット炎上に異論!「俺、なし」と即答「この時代とはちょっとちゃうねん」】の続きを読む