お笑いまとめ 芸人速報

お笑いと芸人に関する情報を中心にまとめているブログです。

誠子

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2018/04/03(火) 22:17:14.93 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ・尼神インターの誠子が2日、自身のInstagramにて公開した写真に注目が集まっている。

誠子は「4月はせいこが担当するね」とコメントし、テレビ朝日系バラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ」内のコーナー「奇跡の1枚 2018年カレンダー」で撮影された“奇跡の1枚”を公開。
ハッシュタグで「#素敵な4月にしようね #顔デカ桜隠し」とお茶目につづっている。

写真の誠子は桜の花に囲まれて笑顔。
いつもの黒髪のボブヘアではなく、茶髪のミディアムヘアをふわりとカールさせ、いつもより女性らしい華やかな雰囲気となっている。

尼神インター・誠子の“奇跡の1枚”に反響
コメント欄には「これ誠子ちゃん?!可愛すぎる~!」「誰かと思った!」「めっちゃ綺麗!やっぱり美人さんですね」「華やかな雰囲気が凄く良い」「モデルさんかと思った!素敵」など絶賛の声が多数寄せられ、注目が集まった。

http://mdpr.jp/news/detail/1757643

尼神インター誠子「奇跡の1枚」


普段の誠子



【尼神インター・誠子、“奇跡の1枚”公開 「可愛すぎる」「モデルさんかと思った」絶賛の声 】の続きを読む

2個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/10/26(木) 21:35:30.11 ID:CAP_USER9
25日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ)にお笑いコンビ・尼神インターの誠子が出演。渾身のネタにゲスト出演者らが騒然となった。

登場早々に指原莉乃から洋服を「サラダチキンのハーブ味」とこきおろされた誠子だったが、この日は美意識にまつわる様々なエピソードを熱弁。
さらに、なぜか「10秒で(間で現在着ている衣装から)私服へと着替える」という「セクシーな特技」を披露することに。

「10秒数えてください」と呟くと、特技披露のためにスタジオから一旦消えた誠子。
わくわく顔で誠子の特技を待っていたスタジオだったが、
「すいません、無理でした」と再び登場した誠子はなんとブラウスの下はパンティー一枚という衝撃的な出で立ち。

実はこれ、いわば誠子のセクシー系ネタ。しかし、予想を遥かに超える展開にスタジオは阿鼻叫喚。
ゲストのMattや平子理沙らが目のやり場に困りながら唖然とした顔で爆笑し続ける一方、徳井義実らは「お前!そんな格好で出てくんなよ......!」と誠子の芸人魂にツッコミも。
堂々とパンティー姿で立ち続ける誠子の姿に、爆笑を超えて涙を流し始めるゲストもいた。

その後やっとスカートを穿く為にスタジオから退場した誠子。
誠子のあまりの潔さ?にざわつきがなかなかおさまらないスタジオの様子が映し出された

http://dailynewsonline.jp/article/1369247/
2017.10.26 12:02 RBB TODAY






【尼神インター誠子、パンティー1枚の渾身のネタにスタジオ騒然! 】の続きを読む

2個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/10/24(火) 09:23:57.25 ID:CAP_USER9
結成10周年のお笑いコンビ「尼神インター」の誠子(28)と渚(33)が、23日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」(月曜・後10時)に出演。芸人を目指したきっかけや、コンビ結成秘話を語った。

学生時代にやりたいことが見つからなかったという誠子は、「高校3年生の時に、初めてM―1グランプリを見まして、その時に優勝されたのがチュートリアルさんだった。
その姿がめちゃくちゃかっこよくて、漫才をやりたいと思った」と憧れのお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(42)と福田充徳(42)に初めて告白し、「(公言すると)調子に乗ると思った」と笑わせた。

一方の渚は「将来を究極に考えたら、芸人しか思いつかなかった」といい、NSC(吉本総合芸能学院)への入学金を貯めるため高校卒業後に大工に。
進行役の「くりぃむしちゅー」上田晋也(47)から「何か月くらいやったの?」と問われ、
「5年くらい」と明かし「NSCのお金もっと早くたまるだろう」と総つっこみを受けるも「飲むのが好きで、パチ○コも好きで、すごい時間が掛かった」と爆笑を誘った。

コンビ結成は、渚から誠子への「組んでくれや」の一言がきっかけ。当時、誠子は中国人留学生とコンビを組みNSCで「面白い」と評判だったという。
だが、威圧的な渚からのオファーに「はい、分かりました」と即答した誠子。
「断ったら、しばかれると思った」と中国人の相方にコンビ解消を切り出した。

相方から「私もちょうどビザが切れたから帰らないといけない」とあっさり了承され、渚とのコンビが実現したという。

http://news.livedoor.com/article/detail/13791661/
2017年10月24日 9時5分 スポーツ報知






【「尼神インター」結成秘話明かす「断ったら、しばかれると思った」 】の続きを読む

1個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/10/15(日) 23:30:13.80 ID:CAP_USER9
15日に放送されたTBS系『明石家さんまのずっとあなたが好きだった!』(日曜夜7時)に、お笑いコンビ・尼神インターのボケ担当・誠子が出演。
本命の竹内涼真に一世一代の告白をした。

番組ではまず、彼女の好きな芸能人を3人発表。
高橋一生、BIGBANGのG-DRAGON、さらには若手人気俳優・間宮祥太朗に対し、スタジオで思いのたけをそれぞれ語った。

そんな誠子が本命に選んだ相手が、竹内涼真。
ある番組で、芸人仲間からブス呼ばわりされている中、竹内だけは彼女を「可愛い」と言ってくれたことで虜になったという。
そしてスタジオに本当に竹内が登場するや誠子は「ヤバイ!」と絶叫。
スタジオの観客席からも黄色い悲鳴があがった。

明石家さんまが驚くほど体が火照っている誠子は、竹内を目の前に、彼への熱い気持ちを綴ったラブレターを朗読。
その収録時、「生まれて初めて可愛いと言ってくれて意識するようになり、雑誌など親族くらいチェックしてる」と明かし、
「いつかは涼真くんと本当の親族になりたい」と激白。
ネットで「尼神インター 誠子」と検索すると第二検索ワードとして現在は
「ほんこん 激似」と出てくるが、いつかは「竹内涼真 彼女」と出てくるようになれたらいいなと語り、LINEのIDを書き記した手紙を渡した。

ラブレターの返事は番組のエンディングで、彼直筆の手紙によって明かされた。それによると竹内は、
誠子と「ぜひまた改めてお会いしたい」としながらも、「一番早くお会いできるとしたら、このあと9時からの日曜劇場『陸王』をご覧ください」とスカした。
しかし最後は、「今度、チョコレートプラネット(吉本の芸人)さんとご飯の約束をしているのでそのときに必ず連絡します」と、会う約束をしてくれた。
それに対して誠子は大喜び。ただ、連絡がいつ来るかわからないため、「一生携帯離さへん!」と決意していた。

http://dailynewsonline.jp/article/1365573/
2017.10.15 22:30 RBB TODAY





https://www.youtube.com/watch?v=NQMixvtd8rI


明石家さんまのずっとあなたが好きだった?人気芸能人が憧れのあの人にマジ告白!2017年10月15日 171015


【尼神インター誠子、本命・竹内涼真にマジ告白!意外な結果に大喜び 】の続きを読む

0個のツッコミがあるで。
1: 芸人速報 2017/10/14(土) 16:17:23.56 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ・尼神インターが14日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(15日まで)内で映画『ありえなさ過ぎる女~被告人よしえ』の舞台あいさつに登壇。
ブサカワなフェイスで人気を集めている誠子がモテるための技術を明かした。

同作は吉本新喜劇の浅香あき恵が主演。演じるのは、3人の男性を殺害した容疑で逮捕された60歳独身女性・佐野よしえ。
殺人ではなく、よしえに惚れ込んだ男性たちが四角関係のもつれにより殺し合ったと、無罪を主張する物語。

映画には出演していないが、同じ吉本に所属する女芸人として舞台あいさつに登壇した誠子は
「どうも。顔がデカ過ぎる女の尼神インターの誠子です」と自己紹介。ベレー帽を被ったせいで、おでこが全開となり、通常よりも顔の大きさが目立つ
。誠子は「オシャレでやったのがアダとなった」と自虐し、相方の渚は「よりほんこんさんに近づいたね」とイジった。

主演のあき恵にキスシーンが3度もある本作。誠子は「あき恵姉さんは希望の光。美人じゃなくても、あんなにキスシーンがもらえるんだ。うらやましかった」と羨望の眼差しを送った。
「初めてのビジネスキスはアインシュタインの稲田(直樹)さんやった。それがトラウマ。次は絶対に映画とかでイケメンとしたい」と夢見た。

映画では恋愛テクニックをいくつも披露している。その流れでモテ技についてのトークに。誠子は「ボディタッチは大事」と力説。なんでも自ら触るより、触らせる方が効果が高いという。
MCの清水けんじを相手役に設定し「最近、ジムに行って鍛えてるんです。ちょっと、ここ(お腹)触ってもらっていいですか」とお腹を触らせると、
最後は「こしょばい(くすぐったい)」とかわいらしいポーズをしてみせた。
「しばいたろか」と言いながらもデレデレだった清水を横目に、「ボディタッチさせるというのはテクニックですね」と自信ありげな表情を見せた。

また、芸能生活40年となったあき恵は「今は新喜劇もかわいい子が多い。
アイドル顔負けのべっぴんさんがいっぱい。だから私のブサイクも引き立つ」と笑わせつつ、
映画初主演については「ドッキリだと思った。こんな大掛かりなことすんねんな、とずーっと思ってた」と振り返っていた。
キスシーンについては1日で3人と行ったことを明かし「パパ(Wヤングの佐藤武志)になかなか言えなかった」と照れくさそうに語った。

そのほか、北村誠之監督、山田花子も登壇した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13747696/
2017年10月14日 16時1分 オリコン






【尼神インター誠子・モテ技術を公開「ボディタッチをさせる」 】の続きを読む


Copyright (C) お笑いまとめ 芸人速報