no title

1: 2017/02/06(月) 16:43:37.85 ID:CAP_USER9
 昨年、「PPAP」が世界的大ヒットとなったピコ太郎と「PPAP」をいち早く自身のSNSで紹介し、大ブレークのきっかけをつくった世界的歌手・ジャスティン・ビーバー(22)がソフトバンクの学割CMで共演することになり、このほど国内で極秘撮影が行われた。

 もともとソフトバンクのCMキャラクターを務めていたジャスティン。1月に、このCM撮影のために来日すると、最初からノリノリ。高校生役のジャスティンが教室の扉を開けると、そこには先生役のピコ太郎が…というシチュエーションでの初対面となったが、ジャスティンはピコ太郎と会うやいなや満面の笑みを浮かべ、ハグ&ハイタッチ。さっそく、即興で「PPAP」の振り付けを披露した。

 撮影でのサプライズ対面後、「ナイストゥーミーチュー」と互いに言い合い、がっちり握手した2人。ピコ太郎が「世界中に知ってもらえたのは、あなたのおかげです。本当にありがとう」と頭を下げると、ジャスティンも「ぼくも共演できてうれしいよ」とニッコリ。

 世界的スターと対面した緊張でピコ太郎が持っていたリンゴを床に落とすと、ビーバーがすかさず拾って、ピコ太郎の右手のパイナップルに近づけ「アーン!」と言って、ドッキング。見事なコラボレーションが実現した。

 ピコ太郎は“夢の共演”に「光栄という言葉を100回くらい言わないと足りないぐらい光栄に思います。ずーっと会いたかったジャスティンとこういう形で対面できるとは思わなかったので、本当にうれしかったです」と感激しきり。

 ジャスティンの印象に「ついても「すごくノリがいい好青年で、ジャスィテン・ピコ太郎に改名したいぐらい、とりこになっちゃいましたね」と興奮していた。

 今回のテレビCMはまもなく公開される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000124-sph-ent


【ピコ太郎、CMでジャスティンと夢の共演「光栄と100回くらい言わないと足りない」】の続きを読む